TOPINTERVIEW資生堂「Creative Lab」スタート

#INTERVIEW 資生堂「Creative Lab」スタート

情報やメディアの多様化に対応し、
資生堂のクリエーションを創出するラボ。

2020.01.24

資生堂「Creative Lab」スタート

情報やメディアの多様化に対応し、
資生堂のクリエーションを創出するラボ。

資生堂は2020年1月、東京・汐留に「Creative Lab」をスタートさせた。
資生堂には、もともと社内に撮影スタジオがありフォトグラファーが在籍しているが、汐留のビル内に新たに「Creative Lab」がオープン。従来の撮影スタジオからどのように変化を遂げたのか、フォトグラファーであり、クリエイティブ本部のフォトディレクターでもある金澤正人さんに話を訊いた。

Interview・Text:坂田大作(SHOOTING編集長)

金澤正人さんと若手フォトグラファーの大谷麻葵さん。

まず「Creative Lab」を立ち上げた理由を教えてください。

実はこの「Creative Lab」の名称は、社内コンペをして決めました。従来の「○○撮影スタジオ」という言い方では、今までの考え方から脱却できないのではと思って、より上を目指すというイメージを持って、名付けました。

撮影スタジオ」では、「写真を撮る場所」という名前のままの役割になりますね。

「Creative Lab」は、ただ撮るだけではなく、そこから「新しいクリエーションが生み出される場所」だったり、「情報が発信される場所」という意味を名前に込めています。新たな試みの一つとして「ブロードキャスト・スタジオ」を作りました。

放送用のスタジオ。取材時はグリーンバックが敷かれていた。 編集、スイッチングルームが隣接。

遠隔操作で撮影できる4Kカメラも導入。

ファシリティを教えてください。

スチルのスタジオが6面、ブロードキャストスタジオが1面、レタッチルーム、メイクルームです。スチルスタジオのうち、1面はかなり天高もあるので、モデルの全身撮影にも余裕で対応できます。

撮影スタジオの面数も増えたのですね。

そうなんです。スタジオも増えてフォトグラファーも増員しました。ただ、たくさん点数を撮るのが目的ではありません(笑)。

スマホやSNSの進化、ECの伸びなど、従来のメディアや広告の枠に捉われないフィールドが急速に発達しているじゃないですか。昔はネット領域に関しては、クオリティが落ちていても消費者は納得していた部分もありましたが、今は、特にコスメティック関係の企業からすれば、表現のクオリティもすごく高くなっていますし、それが求められています。

メディアの特性に合わせながら、しっかりとしたビジュアルを作らないと「いいね!」を頂けない時代になっています。そこは資生堂としてクオリテイコントロールをして、発信していかなければなりません。

遮光しているが自然光でも撮影できるスタジオ。

資生堂の商品ラインナップは膨大ですよね。

資生堂の製品ブランドはたくさんありますし、撮影カット数も量が多いので(笑)、従来のままではリソースが足りなかったのも事実です。設備もマンパワー的な規模も拡大して、質的な管理もしやすいような方向性に持っていきます。

デジタルの時代、ネットの時代にはスピード感も求められます。納品やアウトプットまでの時間を早めるために、撮影アシスタントとは別に“専属のレタッチャー“を入れました。またマネージャーを入れて、スタッフのスケジュールや撮影の進行をコントロールするようにしています。

レタッチャーを入れることで、撮影スタジオと同じフロアにレタッチルームを設けました。専属のレタッチャーがそばにいることで、スピード感だったり、情報交換だったり、フォトグラファーとのシナジー効果も期待しています。

クリエイティブ本部にはADやデザイナーが多数いる中で「撮ってください!」から「上がりました!」まで、または「こんな感じはどうですか」という一連のフローを“ワンストップでスピーディに”行えるようになります。

メイクルーム(左)。髪をカットしたり洗髪できる部屋もある。

動画へも対応されるのですね。

普通のCMもあれば、自社サイト用の商品動画もあります。5Gの時代になるのでSNSを含めた“ライトな動画制作”は確実に増えていきます。そのニーズに応えるためにブロードキャストスタジオを作りました。

また社内放送と言うと堅く聞こえますが、情報共有や、例えば社長のメッセージの社内配信とか、インナーコミュニケーションにも有効です。

本格稼働はいつ頃からでしょうか。

今年の1月に出来たばかりで、まだ社内周知をしている段階です。今後認知が広まれば、急激に忙しくなるんじゃないかと思います。

スタジオやレタッチルーム(右)へ繋がる通路はギャラリー兼書棚になっている。

Creative Labから、スタイリストや美術を直に発注することはないので、そこはもともとあるクリエイティブ本部とCreative Labが合わさって、一般にいうコンテンツスタジオ的な機能を果たしていければと思っています。

金澤さんが撮影されたSHISEIDO「ULTIMUNE」の屋外広告(2020年1月)。

宣伝部の撮影が内製化された分については、コストダウンになりますか。

かなりなると思いますが、ただ我々も単価が安いだけの撮影をいくら撮っても、売り上げは上がりません(笑)。市場の適正価格や過去の実績と照らし合わせて提案していきます。

Creative Labに出すことで、コストダウンに繋がる可能性はありますが、それが主目的ではありません。「クオリティとスピード感を担保する」これが第一です。そのクオリティも、製品ごとのマーケティングの意向であったり、その製品の魅力や何をアピールしたいのか等、でき上がったものにそれが十分担保されていることが重要です。

外のスタジオを借りると「二日間で撮らないといけない」とか、時間の制約があります。限られた時間内で最高のクオリティを突き詰めるのも重要なスキルですが、社内のファシリティが充実することで、余裕を持って試行錯誤できる面は、メリットだと思います。フォトグラファーの伊東祥太郎、大谷麻葵もテンション上がっているみたいです(笑)。

FS Studio(別棟)は天高もあり全身カットが撮れる。トップには奥と手前で高さが変えられる大型ディフューザーが備わる。

企業は、内部に宣伝・制作機能を持たず、外部に委託するという流れはあるかと思いますが、「Creative Lab」は人材育成の側面もある気がします。

この場所はフォトグラファーだけではなく、アートディレクターや若いデザイナーも出入りします。「こんな事を試したいのだけど」「これって出来ますか?」とか、そういうやりとりの中で新しい表現が生まれる場所になってほしい。そこにマーケティングの人が加わるとか、そういう輪が広がっていけばいいかなと思います。2020年からの資生堂の写真や映像コンテンツに注目して頂きたいです。

「鶴田直樹」×「BenQ SW270C」 色に責任を持つ立場のフォトグラファーから信頼される 人気の写真・動画編集向け27インチカラーマネジメントモニター

#INTERVIEW

「鶴田直樹」×「BenQ SW270C」
色に責任を持つ立場のフォトグラファーから信頼される
人気の写真・動画編集向け27インチカラーマネジメントモニター

色の正確性が求められる広告写真家、鶴田直樹にモニターの重要性を訊いた。

資生堂「Creative Lab」スタート

#INTERVIEW

資生堂「Creative Lab」スタート

情報やメディアの多様化に対応し、 資生堂のクリエーションを創出するラボ。

「八木淳」×「BenQ SW270C」 ビューティや商品撮影など、 プロが求める正確な色再現で注目を集める 写真・動画編集向け 27インチカラーマネジメントモニター

#INTERVIEW

「八木淳」×「BenQ SW270C」
ビューティや商品撮影など、
プロが求める正確な色再現で注目を集める
写真・動画編集向け 27インチカラーマネジメントモニター

ビューティとスチルライフを撮る八木淳氏に新型のBenQモニターの印象を訊いた。

伊藤之一「Light of the Ring」(青幻舎刊)

#INTERVIEW

伊藤之一「Light of the Ring」(青幻舎刊)

最新写真集「Light of the Ring」から、16年間で10冊の写真集を出している伊藤之一さんへインタビュー。

「小暮和音」×「BenQ SW270C」 多彩な機能と高コスパで大注目の 映像・写真編集向け27インチカラーマネジメントモニター

#INTERVIEW

「小暮和音」×「BenQ SW270C」
多彩な機能と高コスパで大注目の
映像・写真編集向け27インチカラーマネジメントモニター

スチルとムービーを撮る小暮和音氏に新型のBenQモニターの印象を訊いた。

皆川 聡× FUJIFILM GFX100

#INTERVIEW

皆川 聡× FUJIFILM GFX100

皆川氏が正確なオートフォーカスと優秀な手ぶれ補正を搭載した1億画素カメラ「FUJI GFX100」で撮り下ろし。

  • Profoto
  • PICTORICO
  • iino mediapro
  • d21
facebook instagram twitter