TOPNEWS & REPORT齋藤彰英個展「東京礫層:Tokyo Gravel」

#NEWS & REPORT 齋藤彰英個展「東京礫層:Tokyo Gravel」

2021年8月25日~9月5日

2021.08.09

齋藤彰英個展「東京礫層:Tokyo Gravel」

齋藤彰英個展「東京礫層:Tokyo Gravel」が、iwao galleryで開催される。

ステートメント
強度の弱い関東ローム層に覆われた東京において世界有数の高層建築を可能にしたのは、ローム層の下に堆積する「東京礫層」と呼ばれる強度の高い地層です。これは約20万年前のかつての多摩川が、東京の西方に位置する山々を削り押し流した石の堆積層です。現在の多摩川は、山梨県笠取山の水干(みずひ)を水源とし、東京と神奈川を流れる全長138kmの河川です。しかし、悠久の時間の中で多摩川の流れは幾度も変わり、その都度、その流路に沿って東京全域に石を堆積させました。東京タワーや都庁ビル、近年ではスカイツリーなど、東京の高層建築はこの東京礫層に杭打ちすることで建設されています。
また、約8万年前に起きた立川断層を由来とする地震は、その地震による地形の変動によって当時狭山丘陵の北側を流れていた多摩川の流路を大きく南に変化させました。これによって狭山丘陵を穂先とした土地が多摩川に削られることなく残り、現在の武蔵野台地として形作られました。
本展では、東京に立ち並ぶビル群の光を俯瞰し、かつて流れていた多摩川の景色を浮かび上がらせていきます。

齋藤彰英
1983年 静岡生まれ。
多摩美術大学美術学部 情報デザイン学科芸術コース卒業。
東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 修了。
https://sites.google.com/site/saitoakihide

齋藤彰英 東京礫層より Akihide Saito Tokyo Gravel

ギャラリー名

iwao gallery

住所

東京都台東区蔵前2-1-27 2F

開館時間

12:00〜19:00(月・火休み)

アクセス

都営浅草線 蔵前駅 A1出口 徒歩1分

URL

https://iwaogallery.jp/

Profoto A2

#NEWS & REPORT

Profoto A2

2022年6月30日

安永ケンタウロス写真展 「Memory of waterside ~水辺のポートレート~」

#NEWS & REPORT

安永ケンタウロス写真展 「Memory of waterside ~水辺のポートレート~」

2022年7月23日~7月31日

内倉真一郎 個展「浮遊の肖像」

#NEWS & REPORT

内倉真一郎 個展「浮遊の肖像」

2022年7月9日~8月6日

正田真弘 写真集「笑いの山脈」

#NEWS & REPORT

正田真弘 写真集「笑いの山脈」

2022年6月27日

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス 遠近」

#NEWS & REPORT

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス 遠近」

2022年6月29日〜8月10日

萩原朔美写真展「私がいる。2022」

#NEWS & REPORT

萩原朔美写真展「私がいる。2022」

2022年.6月9日〜6月26日

facebook instagram twitter