TOPNEWS & REPORT浜昇 写真展「VACANT LAND 1989」

#NEWS & REPORT 浜昇 写真展「VACANT LAND 1989」

2021年7月3日〜7月16日

浜昇 写真展「VACANT LAND 1989」

浜昇 写真展「VACANT LAND 1989」が、photographers’ galleryで開催されている。

紹介文
浜昇は、日本がバブル景気のまっただなかにあった1989年前後の3年にわたって、地上げや再開発などによって虫食い状態となった東京の神田・四谷・新宿の「空地」を記録し、2007 年に全953 点の写真を収めた『VACANT LAND 1989』(photographers’ gallery)を刊行しました。その後も浜は、2017年さがみはら写真賞を受賞した『沖縄という名』(ソリレス書店、2017年)や、1989年の昭和天皇の国葬当日とその前後の東京を記録した『斯ク、昭和ハ去レリ』(ソリレス書店、2019 年)を刊行するなど、精力的に活動を続けています。
本展では、写真集『VACANT LAND 1989』に収録された写真953点すべてのプリントを、一挙に展示いたします。いまあらためて、国家と資本の論理が社会に歪みをもたらした時代のさなか、浜が記録し、『VACANTLAND 1989』の中に残した写真を再考する場として本展を企画いたしました。ぜひ、ご高覧ください。

ステートメント
バブルが崩壊して30年が経ち、いまだその後遺症が社会を蝕んでいる。コロナ禍でより一層あからさまに白日のもとに曝け出されたこの国のダメさ加減にはただただ呆れるばかりだ。明治維新(そんなものはなかった?)以来の富国強兵、産業殖産、脱亜入欧の大団円がバブルとその崩壊であり昭和の終わりだったとすれば、いまは一体どこへ行こうとしているのだろうか。いやいや下手なところへ行くくらいなら何処にもいかずに留まっていてくれるほうが無難というものか。ステイホームでじっくり過去を振り返りほじくり返してみるのもいいだろう。ベランダのプランター水やり忘れずに。

浜昇 Hama Noboru
1946年東京生まれ。早稲田大学卒業。1975年、ワークショップ東松照明教室に参加。1976年、ギャラリー「PUT」を設立。1987年、出版社「写真公園林」を設立。「今日の写真・展77」、「ぬじゅんin 沖縄・大和展」、「79-80写真はいま…展」、「琉球烈像―写真で見るオキナワ」、「写真0年 沖縄」、「沖縄という名」ほか、個展・グループ展多数。 2007年、第20回写真の会賞受賞。2017年、さがみはら写真賞受賞。写真集に『フロムスクラッチ』(写真公園林、1990年)、『VACANT LAND 1989』(photographers’ gallery、2007年)、『沖縄という名』(「シマ それ自身の終わりなき時へ」、「Positions 1969-1988」、「かなたへの海」による全3 巻、ソリレス書店、2017年) 、『斯ク、昭和ハ去レリ』(ソリレス書店、2019年)。

©Noboru Hama

©Noboru Hama

©Noboru Hama

©Noboru Hama

ギャラリー名

photographers’ gallery

住所

東京都新宿区新宿 2-16-11-401

開館時間

12:00〜20:00 会期中無休

アクセス

東京メトロ 副都心線 新宿三丁目駅 徒歩7分/JR 新宿駅 徒歩12分

URL

https://pg-web.net

安永ケンタウロス写真展 「Memory of waterside ~水辺のポートレート~」

#NEWS & REPORT

安永ケンタウロス写真展 「Memory of waterside ~水辺のポートレート~」

2022年7月23日~7月31日

内倉真一郎 個展「浮遊の肖像」

#NEWS & REPORT

内倉真一郎 個展「浮遊の肖像」

2022年7月9日~8月6日

正田真弘 写真集「笑いの山脈」

#NEWS & REPORT

正田真弘 写真集「笑いの山脈」

2022年6月27日

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス 遠近」

#NEWS & REPORT

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス 遠近」

2022年6月29日〜8月10日

萩原朔美写真展「私がいる。2022」

#NEWS & REPORT

萩原朔美写真展「私がいる。2022」

2022年.6月9日〜6月26日

横山隆平個展「HOLES and SCARS」

#NEWS & REPORT

横山隆平個展「HOLES and SCARS」

2022年6月10日~7月16日

facebook instagram twitter