TOPNEWS & REPORTGOTO AKI 写真展「 event horizon - 事象の地平線 - 」

#NEWS & REPORT GOTO AKI 写真展「 event horizon - 事象の地平線 - 」

2021年6月17日〜7月11日

GOTO AKI 写真展「 event horizon - 事象の地平線 - 」

GOTO AKI 写真展「 event horizon – 事象の地平線 – 」が、コミュニケーションギャラリー ふげん社で開催される。

紹介文
GOTO AKIは神奈川県川崎市生まれ、東京在住の写真家です。1995年上智大学経済学部経営学科を卒業し、総合商社丸紅に勤務。1999年に東京綜合写真専門学校へ入学し、写真家の道に進みます。1993年の世界一周の旅を経て身体に刻まれた地球のスケール感を頼りに、国内の風景を撮影対象として、具象と抽象の狭間を揺れ動きながら地球の胎動を二次元に落とし込む新しい風景写真の地平を『terra』(赤々舎、2019)で確立し、2020年に日本写真協会新人賞を受賞しました。

本展では、『terra』で確立された手法を踏襲しながら、さらに被写体の内側へと踏み込んで風景を解体していくと同時に、撮影者である自身や鑑賞者の内面へと誘う、アーカイバル・ピグメントプリント13点を展示いたします。

GOTOは「自然は、もともと名前はなく、人間が期待するような意味もない」「風景を撮影するときに情緒はいらない」と言うように、自然風景への安易な意味づけを避け、人間のものさしでは計れない地球という存在の根源的要素を、写真という平面に翻訳していきます。その外部へ注がれた視線は、当然の如く、自然の一部である自分自身へも向かいました。外側にある風景と、自己の内奥に潜む小宇宙が呼応する地平から立ち上がる美しいコンポジションは、視覚の揺らぎを生み出し、常に変容し続ける生命を表現すると同時に、鑑賞者の内省的な視線をも促します。

長距離の移動が制限され、非身体性のコミュニケーションが隆盛する昨今ですが、GOTO AKIの眼差しが捉えた人間の外側と内側にある自然が呼応する場所から、視覚が導く豊かな生命と宇宙の旅へ、あなたも出かけてみませんか。

ギャラリートーク:GOTO AKI × 佐藤信太郎(写真家)
日時:6月19日(土)14:30〜16:00
参加チケット(会場・オンライン):1,000円(ふげん社オンラインストアからチケットを購入)
https://fugensha-shop.stores.jp/

© GOTO AKI

ギャラリー名

コミュニケーションギャラリー ふげん社

住所

東京都目黒区下目黒5-3-12

開館時間

火〜金 12:00〜19:00 土・日 12:00〜18:00(月休)

アクセス

東京メトロ 日比谷線 築地/東銀座駅 徒歩5分
有楽町線 新富町駅 徒歩5分

URL

http://fugensha.jp

久家靖秀 写真展「MELFOTO>Mnemosyne」

#NEWS & REPORT

久家靖秀 写真展「MELFOTO>Mnemosyne」

2021年6月19日〜7月4日

舞山秀一 作品展「BOTANIZATION」

#NEWS & REPORT

舞山秀一 作品展「BOTANIZATION」

2021年7月16日〜7月29日

はっとり・よしをコレクション「高田美 パリのまなざし」

#NEWS & REPORT

はっとり・よしをコレクション「高田美 パリのまなざし」

Part1/2021年6月24日~7月12日 Part2/2021年7月15日~8月8日

谷口昌良「写真少年1973-2011」展 とある写真少年の70〜90年代をみる

#NEWS & REPORT

谷口昌良「写真少年1973-2011」展 とある写真少年の70〜90年代をみる

2021年6月17日〜7月4日

NIKON「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」

#NEWS & REPORT

NIKON「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」

「ニコン Z マウントシステム」対応の標準マイクロレンズ。

八太栄里 個展「風景の採集」

#NEWS & REPORT

八太栄里 個展「風景の採集」

2021年6月5日〜6月25日

facebook instagram twitter