TOPNEWS & REPORT澄毅 写真展「halo」

#NEWS & REPORT 澄毅 写真展「halo」

2021年2月6日〜2月21日

2021.02.01

澄毅 写真展「halo」

澄毅 写真展「halo」が、BOOK AND SONSで開催される。

紹介文
被写体を撮影しプリントする方法に留まらず、プリント自体に無数の穴を開けて太陽にかざし、溢れる光を再撮影するという方法で作品を発表してきた澄毅。2019年に発表した写真集「指と星」では、新たにカッターで自らスリットを幾重にも入れ、そこに宿る美を表現しています。

1mmにも満たない間隔で慎重に、着実に重ねていく作業を経て出現する、新しい世界。何百もの繊細なスリットを重ねていく作業の中で、同氏は神経が紙先に伸びたような感覚を受けたといいます。作品に写る見慣れた街や人の姿は、光を受けることであたらしい意味を持ち始めると同時に、そのものの本質を写し出しているようにも感じられます。

本展のタイトル「halo」は、天使や聖人の後ろに描かれる光輪を表す言葉。昨今の情勢の中で、人とは何かを改めて考え制作する中で出会った光の存在の強さ。そこに新しい世界を広げる可能性を見出せると感じた同氏が表現する光は、私たちに未来への確かな希望を提示してくれます。


2月6日(土)19:30~はオンライントークイベントを開催予定。
作家による作品解説のほか、実際にカッターでスリットを入れる様子をライブ配信する。
詳細は当店ブログページにて告知
https://bookandsons.com/blog/halo.php

ステートメント
網膜の先を見出したくて作品をつくっている。
目に見える世界を私はあまり信じてはいない。本当に大切なものはその先にあるからだ。
また私は美を大切にしている。それはその先を見出すためにある痛みを抑えるため、モル
ヒネのようなものだ。溢れ、時に髪の毛のように絡み合う光の中から見る人それぞれの世
界を見出してもらえたら幸いです。

澄 毅 Takeshi Sumi
明治大学文学部、多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒。芸術家の工房での修行や色々な職業の経験後、写真家・芸術家として作品を発表している。2012年写真集「空に泳ぐ」発売。同年のパリの展示にて Agnes bの創業者に作品買い上げ、コレクションに追加される。2013年よりパリに移住。これまで日本やパリ、NYのギャラリーやアートフェアでの展示多数。

ギャラリー名

BOOK AND SONS

住所

東京都目黒区鷹番2-13-3 キャトル鷹番

開館時間

12:00〜19:00(水曜日休館)

アクセス

東急東横線 学芸大学駅 徒歩3分

URL

https://bookandsons.com/

大塚勉個展「TRANS-BODY」

#NEWS & REPORT

大塚勉個展「TRANS-BODY」

2024年5月31日〜6月23日

岡祐介写真展「ジンシャリ (JinShari)」

#NEWS & REPORT

岡祐介写真展「ジンシャリ (JinShari)」

2024年4月25日〜7月27日

藤田はるか 個展「111l」

#NEWS & REPORT

藤田はるか 個展「111l」

2024年5月17日~6月3日

鬼海弘雄「PERSONA」展

#NEWS & REPORT

鬼海弘雄「PERSONA」展

2024年5月16日〜6月17日

Blitz Photo Book Collection 2024

#NEWS & REPORT

Blitz Photo Book Collection 2024

2024年5月8日〜7月7日

写真展「シカク」主宰(AOKI + 加藤アラタ)

#NEWS & REPORT

写真展「シカク」主宰(AOKI + 加藤アラタ)

2024年5月16日〜5月20日

facebook instagram twitter