TOPNEWS & REPORTドイツの写真家によるグループ写真展「FROZEN SCULPTURES 気候変動が残した痕跡からみる、地球の美しさと危うさ。」

#NEWS & REPORT ドイツの写真家によるグループ写真展「FROZEN SCULPTURES 気候変動が残した痕跡からみる、地球の美しさと危うさ。」

2024年4⽉5⽇〜 4⽉27⽇

2024.03.25

ARTICLE TAGS
ドイツの写真家によるグループ写真展「FROZEN SCULPTURES 気候変動が残した痕跡からみる、地球の美しさと危うさ。」

ギャラリー冬青で、ドイツの写真家によるグループ写真展「FROZEN SCULPTURES 気候変動が残した痕跡からみる、地球の美しさと危うさ。」が開催される。
参加メンバーは、Nomi Baumgartl(ノミ・バウムガルトル)、Sven Nieder(スベン・ニーダー)、Michael Nischke(マイケル・ニッケ)。

【カラー作品】 ステラ・ポラリス ウロリアルスアーク -⺟なる⼤地の輝く記憶
Stella Polaris* Ulloriarsuaq は、10年にわたり世界中の観客を魅了してきた先⾒性のある写真アートプロジェクト。著名な写真家ノミ・バウムガルトルが率いるこの国際的なアートの試みは、グリーンランドの氷の広がりの核⼼に迫り、その幽⽞な美しさと憂慮すべき危うさを捉えている。
2012年から2013年にかけて実現した Stella Polaris* Ulloriarsuaq は、息をのむような写真と映像を通して、グリーンランドの消えゆく氷を記録し、私たちの環境に対する意識を痛切に映し出している。ノミ・バウムガルトルが尊敬する写真家スべン・ニーダー、映像作家ヤトリ・ニーハウス、グリーンランド⼈コーディネーターのラーリ・リバースらを含む彼⼥のチームは、⼈間と機材が限界に達するような過酷な状況下で、凍てつく地形をナビゲートする。

地元のグリーンランド⼈たちとともに、チームは”写真撮影”を⾏った。⾼出⼒の懐中電灯で氷⼭や氷河を照らし、写真という媒体を通して世界に光のメッセージを送るのだ。オーロラを背景にした時間露光による光の絵画は、まさに芸術作品である。2014年現在、Stella Polaris* Ulloriarsuaqの⾒事な写真・映像作品と深遠なメッセージは、魅⼒的な写真集と国際的な展覧会を通じて広まっている。
それらに関連した映画は⾼い評価を得ており、2017年夏の「ロサンゼルス映画祭」オフィシャルセレクションで脚光を浴び、世界中の⼀流映画祭で観客を魅了した。『Stella Polaris* Ulloriarsuaq』は国境を越え、私たちの惑星にある氷の領域の微妙なバランスについて熟考するよう視聴者を誘い、環境スチュワードシップに向けた⾏動を後押しする。

【モノクロ作品】 スヴァールバル / 作家:マイケル・ニッケ
スヴァールバル諸島は、北極海に浮かぶノルウェーの群島。ノルウェー北岸と北極のほぼ中間に位置する。最⼤の島はスピッツベルゲン島で、最⼤の集落はスピッツベルゲン島の⻄海岸にあるロングイヤービエンと⾔われる。
ノルウェーの学校に通っていたドイツの写真家マイケル・ニッケと彼のチームは、2011年にスピッツベルゲン島を訪れた。彼が現地で写真撮影をしたその年は、気候変動が⽖痕を残す前だった。それからすでに11年が経ち、2022年の夏は例外的に気温が上昇したため、スヴァールバル全域で記録的な雪解けが起こっていた。スヴァールバルに住み、そこで働く⼈々にとって、それは危機的状況である。また、海氷の喪失は、ホッキョクグマがより空腹になり、餌を求めて⼈間の居住地に近づき始めたことをも意味する。今⽇、ロンヤービエンは世界で最も北に位置する町であるだけでなく、最も急速に温暖化している町でもある。研究によれば、スヴァールバルは世界平均の 6 倍の速さで温暖化しているという。こうした事実から、この地域は気候研究者たちに、北極圏の他の地域に何が起こるかを予⾒させる。

マイケル・ニッケは Hasselblad X-Pan カメラを使ってスピッツベルゲン島の美しい⾵景とロングイヤービエンの現状を撮影した。その空間は、私たちのものの⾒⽅を超越するほどの果てしない深さと広さで、このカメラのパノラマ技術でしか⼗分に捉えることができない。ほとんどの写真家は氷河の⾊彩に屈するが、マイケル・ニッケにとってはモノクロの表現が⾮常に⼒強い選択肢のようだ。そのために彼は⽩⿊のネガフィルムを使⽤した。北極圏の気候のため、カメラの使⽤頻度が⾮常に少なく、ネガフィルムの量はそれほど多くない。作家はこのユニークな資料の中から最も印象的なモチーフを選び、⽇本で初めて発表する。

Michael Nischke (マイケル・ニッケ)
1956年ベルリン(ドイツ)⽣まれ。ケルンで写真⼯学を学んだ後、写真デザイナーや作家として活動し、2000年からはファインアート写真家として活動している。現在までにドイツ写真協会(DGPh)会員となり、50冊以上の写真集を出版。また、彼の作品はドイツ、⽇本、台湾で開催された数々の写真展で展⽰された。ここ数年は、北朝鮮とエリトリアの未公開パノラマを撮影した特別シリーズのために写真を撮影した。
ミュンヘンにあるBLANK ART FOUNDATIONの理事兼キュレーターとして、写真とビデオアートを中⼼に活動している。

トークショー
出演:Vivian Eggert(ドイツギャラリーオーナー)、マイケル・ニッケ(写真家)
日時:4月5日(金)19:00〜
※要予約・参加費1000円
※日英通訳つき
申し込み:オンラインショップから(https://toseisha.base.ec/items/84176606

©︎ Michael Nischke All Rights Reserved

©︎ Stella Polaris* Ulloriarsuaq All Rights Reserved

ギャラリー名

ギャラリー冬青

住所

東京都中野区中央5-18-20

開館時間

11:00~19:00 日・月・祝日休廊(入場無料)

アクセス

東京メトロ 丸ノ内線 新中野駅 徒歩5分

URL

http://www.tosei-sha.jp/

小池貴之「光と気配」Kino Koike “Light and Presence”

#NEWS & REPORT

小池貴之「光と気配」Kino Koike “Light and Presence”

2024年4月20日〜5月12日

片岡俊 個展「Life Works」

#NEWS & REPORT

片岡俊 個展「Life Works」

2024年4月19日~5月1日

「14歳の写真展」(桜我、富樫庵、石原颯也、竹内琉斗、数井琥恩)photo by Yuko Akechi

#NEWS & REPORT

「14歳の写真展」(桜我、富樫庵、石原颯也、竹内琉斗、数井琥恩)photo by Yuko Akechi

2024年5月7日〜5月12日

クロカワリュート 個展「COSMIC vol.1」

#NEWS & REPORT

クロカワリュート 個展「COSMIC vol.1」

2024年4月30日〜5月5日

令和6年能登半島地震復興支援チャリティー展「co-」(シーオーハイフン / 能登とともに)

#NEWS & REPORT

令和6年能登半島地震復興支援チャリティー展「co-」(シーオーハイフン / 能登とともに)

2024年4月20日〜4月29日

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス あしたのデーモン」

#NEWS & REPORT

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス あしたのデーモン」

2024年4月15日〜6月1日

facebook instagram twitter