TOPNEWS & REPORT佐藤信太郎 個展「Boundaries」

#NEWS & REPORT 佐藤信太郎 個展「Boundaries」

2023年10月5日〜10月29日

佐藤信太郎 個展「Boundaries」

佐藤信太郎 個展「Boundaries」 が、コミュニケーションギャラリー ふげん社で開催される。

開催概要
佐藤信太郎は、1969年、東京生まれの写真家です。土地が持つ固有の雰囲気「地霊(ゲニウス・ロキ)」をテーマに、主に東京をフィールドに、連綿と続く歴史の多層的なレイヤーと人の営みを、写真を通して捉えています。代表作としては、鳥の目でもなく犬の目でもない非常階段という中間の眼差しで夕暮れ時に東京を撮影した『非常階段東京』シリーズで、2009年日本写真協会賞新人賞を受賞。また、東京スカイツリーの建設を多点観測した『東京|天空樹 Risen in the East』(いずれも青幻舎)で 2012年林忠彦賞を受賞しています。

「Boundaries」は、2021年「CHIBA FOTO」で初公開され、2023年3月にPGIで本シリーズ初の個展が開催されました。今展では、同シリーズの異なるプレゼンテーションで、未発表の最新作を含む約16点を展示します。

本作は、前作「The Origin of Tokyo」の撮影の際に、皇居がかつて海に面した場所で、その境界から都市(江戸/東京)が発展していったことに興味を持ったことが制作のきっかけです。佐藤の住むエリアには、かつて東京湾に面し、海と陸の境界であった数キロ続く崖があります。鬱蒼と草木が生い茂るその崖を数年間撮影し、異なる季節に撮影した複数の写真を使用して一枚の写真を作り上げます。写真に写る草木の形に沿って切り抜いた画像を複数枚組み合わせ、組み替えることを何度も繰り返してイメージを作り上げていく過程は、恣意性を極力廃した作業であり、突然思いもよらない全体像に到達することがある、と佐藤は言います。
異なる時間、異なる場所が有機的に絡み合い、密度高く、質量が感じられるような写真は、多層的な境界のあり方を美しく表象しています。 また、その果てしない組み替え作業によって、複数の写真が重なったデータを統合する際、グリッチ(バグ)が偶発的に生成されます。それらを用いて本作はさらなる展開を見せており、本展ではその一端もお見せします。

佐藤信太郎の都市夜景シリーズ「夜光」「非常階段東京」「東京|天空樹」の作品を13点使用した、ふげん社企画制作の2024年大判カレンダー「発光する都市」(デザイン:田中せり)を個展初日に合わせて発売いたします。

ギャラリートーク
出演:佐藤信太郎×上野修(写真評論家)
日時:10月15日(日)14:00〜15:30
会場:コミュニケーションギャラリーふげん社
参加費:1,000円(会場観覧・オンライン配信)
チケット販売 https://fugensha-shop.stores.jp/

佐藤信太郎
1969年、東京に生まれる。1992年、東京綜合写真専門学校卒業。1995年に早稲田大学第一文学部を卒業し共同通信社に入社。2002年よりフリーの写真家として活動する。
「土地の持つ性格や歴史、人の営みと、そこから現れる特有の雰囲気(ゲニウス・ロキ、地霊)」をテーマに、生き物のように変貌する都市を捉えた独特の作品を発表している。 2012年に林忠彦賞、2009年に日本写真協会賞新人賞を受賞。
『Boundaries』(PGI, 2023)、『Geography』(ふげん社, 2019) 、『The Origin of Tokyo』(PGI, 2019)、『The Spirit of the Place』(キヤノンギャラリーS, 2014)、『東京・TOKYO 日本の新進作家 vol.13』(東京都写真美術館, 2016)など、国内外で個展、グループ展を多数開催。写真集に『Geography』(ふげん社,2019)、『非常階段東京 THE ORIGIN OF TOKYO』(2019)、『夜光』(2014)、『東京|天空樹 Risen in the East』(2011)、『非常階段東京 TOKYO TWILIGHT ZONE』(2008)(いずれも青幻舎)などがある。

上野 修
1987年から89年にかけて『TREND’89 現代写真の動向・展(川崎市市民ミュージアム)』などの企画展・グループ展に出品。同じく87年頃よりカメラ雑誌を中心に写真評論をはじめる。1990-91年『FROG(FILM ROUND GAZETTE)』編集人。『写真 批評 集成』(野村書房・私家版 2012年)。日本写真協会学芸賞受賞(2013年)。

©SATO Shintaro, Courtesy of PGI

©SATO Shintaro, Courtesy of PGI

©SATO Shintaro, Courtesy of PGI

ギャラリー名

コミュニケーションギャラリー ふげん社

住所

東京都目黒区下目黒 5-3-12

開館時間

火〜金 12:00〜19:00 土・日 12:00〜18:00(月曜日休廊)

アクセス

JR 目黒駅 徒歩15分 JR目黒駅 西口より東急バス(黒01 黒02 黒07)「元競馬場前」下車 徒歩1分

URL

http://fugensha.jp

岡祐介写真展「ジンシャリ (JinShari)」

#NEWS & REPORT

岡祐介写真展「ジンシャリ (JinShari)」

2024年4月25日〜7月27日

藤田はるか 個展「111l」

#NEWS & REPORT

藤田はるか 個展「111l」

2024年5月17日~6月3日

鬼海弘雄「PERSONA」展

#NEWS & REPORT

鬼海弘雄「PERSONA」展

2024年5月16日〜6月17日

Blitz Photo Book Collection 2024

#NEWS & REPORT

Blitz Photo Book Collection 2024

2024年5月8日〜7月7日

写真展「シカク」主宰(AOKI + 加藤アラタ)

#NEWS & REPORT

写真展「シカク」主宰(AOKI + 加藤アラタ)

2024年5月16日〜5月20日

土居慶司 オイルプリント写真展

#NEWS & REPORT

土居慶司 オイルプリント写真展

2024年5月8日〜5月26日

facebook instagram twitter