TOPNEWS & REPORT落合陽一 写真展「晴れときどきライカ」

#NEWS & REPORT 落合陽一 写真展「晴れときどきライカ」

2023年9月1日〜10月29日

落合陽一 写真展「晴れときどきライカ」

落合陽一 写真展「晴れときどきライカ」が、ライカギャラリー東京およびライカギャラリー京都で開催される。

展示概要
ライカギャラリー東京では「晴れときどきライカ ── 逆逆たかり行動とダダイズム」、そしてライカギャラリー京都では「晴れときどきライカ ── 質量への憧憬、ラーメンは風のように」と題して同時開催される本展では、メディアアーティストとして境界領域における物化や変換、質量への憧憬をモチーフに作品を展開する落合陽一が、“晴れときどきライカ”という自身の日常を描き出すフレーズを軸に作品が展開されます。

晴れときどきライカ ── 逆逆たかり行動とダダイズム
“逆たかり行動”(Contrafreeloading)という概念は,動物が食べ物を手に入れようと何らかの活動を行う姿を描くものだ.今回の展覧会はその「逆の逆たかり行動」に着目している.それは猫のように逆たかり行動を持たない生き物を通じて,「質量に固定した日常」から自由なデジタルデータが,物化のプロセスを繰り返す姿を描く試みだ.これは無為計算機自然の元で逍遥遊に振る舞っている姿を描き出す.
“ 晴れときどきライカ” というフレーズは私の日常を描き出している.晴れた日には,ライカを通じて計算機自然の微細な動きを捉え,その物質的な美しさをデジタルの世界へと移す.反対に,雨の日には閑居し,デジタル世界を読み込み,そこから得た情報を肉体の世界に適用する.この一連のプロセスの中で,私は閑雲野鶴の如く,物質と非物質,生命と非生命の間を自由に行き来し,それぞれの世界で得た感覚を融合させ,新たな表現領域を切り開く.
私の人生に常に付随するダダの精神は,無秩序で非論理的な表現を通じて新たな相互接続性を生み出すことを目指している.逆逆たかり行動の精神は,私たちが日常的に直面する二元性の問題に対する新たな視点を提示する.この多元的な世界で,全ては曖昧に相互接続し,実在・非実在に関わらない全てのものたちが,交錯するその響きの中で物化を繰り返し,微睡を生み出していく.猫のように,きのこのように,そして遊牧民のように.

晴れときどきライカ ── 質量への憧憬、ラーメンは風のように
古都は質量への憧憬が祈りとなって満ち溢れている.一杯のラーメンは宇宙そのもの,真言の形を成し,曼荼羅の如く私たちの周りに広がる.この質量への憧れは.ラーメンが身体に与える実質的な影響とは異なる形で存在し,我々の日常に深く根ざしている.
日々を通じて,私たちはデジタルネイチャーに生き,晴耕雨読・無為自然の精神を通じて物質と非物質の間を自由に行き来する.晴れた日にはライカを手に取り,ラーメンの物質性を探求する一方,雨の日にはデジタルの世界を探索し,風のように一見形を持たないものに祈りを捧げる.それは真言のように,その存在が確かでありながらも形を持たない質量への追求である.
展覧会のステートメントには表と裏が存在する.ここにはダダイズムの精神に満ちている.相互接続されたデジタルネイチャーの世界には形を持たず,一見すると意味を持たないように思えるが,数理的に確かに存在し,我々の周囲に影響を与える様々な試みが潜在空間に潜んでいる.それは風のように,ここにあり,またそこにある.時は廻りまた繰り返し,人はいつまでも進歩しない.その愛らしさに喜びを.日々進歩する計算機自然とともに共有したい.

落合陽一 Yoichi Ochiai
メディアアーティスト。1987年生まれ、2010年ごろより作家活動を始める。境界領域における物化や変換、質量への憧憬をモチーフに作品を展開。筑波大学准教授、京都市立芸術大学客員教授。2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサー。 2019年に写真集「質量への憧憬」を発表。近年の展示として「情念との反芻(ライカプロフェッショナルストア東京, 2019)」、「燐光する霊性(六本木ヒルズヒルサイド2F, 2019)」「未知への追憶(渋谷マルイMODI, 2020)」、「おさなごころを、きみに(東京都現代美術館, 2020)」、「遍在する身体,交錯する時空間(日下部民藝館, 2022)」、「裸性と身体性(北村写真機店, 2022)」など多数。また「落合陽一 ×日本フィルプロジェクト」の演出など、さまざまな分野とのコラボレーションも手かげる。

晴れときどきライカ ── 質量への憧憬、ラーメンは風のように
2023年9月2日(土) 〜10月29日(日)
ライカギャラリー京都(ライカ京都店 2F)
京都府京都市東山区祇園町南側 570-120 2F(月曜定休)

Leica Gallery Kyoto © Yoichi Ochiai

Leica Gallery Tokyo © Yoichi Ochiai

ギャラリー名

ライカギャラリー東京

住所

東京都中央区銀座6-4-1

開館時間

11:00〜19:00(月曜定休)

アクセス

東京メトロ 丸ノ内線 銀座駅 徒歩3分

URL

https://leica-camera.com/ja-JP/event/leica-gallery-tokyo/yoichi-ochiai

「RYJI」Photo Exhibition by Arto Saari

#NEWS & REPORT

「RYJI」Photo Exhibition by Arto Saari

2024年4月27日〜4月29日

#NEWS & REPORT

"展対照〈第一部〉|Tentaishow Part 1" 佐内正史 / Masafumi Sanai

2024年4月26日〜5月19日

小池貴之「光と気配」Kino Koike “Light and Presence”

#NEWS & REPORT

小池貴之「光と気配」Kino Koike “Light and Presence”

2024年4月20日〜5月12日

片岡俊 個展「Life Works」

#NEWS & REPORT

片岡俊 個展「Life Works」

2024年4月19日~5月1日

「14歳の写真展」(桜我、富樫庵、石原颯也、竹内琉斗、数井琥恩)photo by Yuko Akechi

#NEWS & REPORT

「14歳の写真展」(桜我、富樫庵、石原颯也、竹内琉斗、数井琥恩)photo by Yuko Akechi

2024年5月7日〜5月12日

クロカワリュート 個展「COSMIC vol.1」

#NEWS & REPORT

クロカワリュート 個展「COSMIC vol.1」

2024年4月30日〜5月5日

facebook instagram twitter