TOPNEWS & REPORT大和田良 個展「UNDERWATER」

#NEWS & REPORT 大和田良 個展「UNDERWATER」

2023年7月21日〜8月26日

大和田良 個展「UNDERWATER」

大和田良 個展「UNDERWATER」が、hpgrp GALLERY TOKYOで開催される。

紹介文
大和田はこれまで、盆栽や仏像、ビンテージワイン、クラシックカー、剥製、活字の原型など、ユニークな被写体が持つ美しさを捉えてきました。それらは常にその背景にあるストーリーと共に、美意識、思想、歴史といった要素を含めて作品化され、印象的なイメージを作り出してきました。

2014年の「剥製図」、2015年の「TYPE」以来、hpgrp GALLERY TOKYOでは8年ぶり、3回目となる本展では、大和田が新潟県小千谷市で出会った錦鯉をテーマにした作品をご紹介いたします。力強くも優雅な泳ぎや、暗い水面下での動きが描き出す抽象的な美しさを古典技法で表現した作品をどうぞこの機会にご高覧ください。

ステートメント
古来より、日本ではさまざまな芸術や意匠において、鯉を立身出世や富、繁栄、愛情などを象徴する縁起物として描いてきました。中国の黄河にある滝を登った鯉が龍になるという故事を由来とし、厳しい関門を突破する際に用いられる「登竜門」という言葉も残されています。また、鯉が公園の池や、日本庭園の池泉を泳ぐ姿を眺めることは、多くの人々にとって小さい頃から親しんだ風景のひとつとしても馴染み深いものではないでしょうか。

鯉に関心を持ち始めたのは、ライフワークのひとつとしている盆栽をモチーフとした制作に関して調べていたことからでした。庭園美術や、自然の縮図としての美術工芸と深い関係のある盆栽と、鯉は深く関係するモチーフであり、リサーチの一環として訪れた小千谷の鯉たちの姿が、本作のモチーフとなっています。そこで得られたイメージは、大海や大空を泳ぐ雄大な龍としての鯉でもあり、また暗い水面下で抗い、もがき、その先へ進もうと奮闘する一匹の魚の躍動的なシルエットでもありました。

はじめは、鮮やかな紋様に覆われた昭和三色や孔雀、黄金色に輝く山吹黄金、印象的な緋斑を有する丹頂紅白などに見る艶やかな色彩に魅了されましたが、撮影を続けるうちに、その斑紋と鱗が描く、まるで筆で描いた抽象画のような、線の流れに注目するようになりました。本作は、朧げながら力強いトーンの中で泳ぎ、躍動する鯉のイメージを、カリタイプと呼ばれる写真の古典技法を応用して再現しています。手作業の跡が感じられるプリントには、鯉の優美さと荒々しさが抽象化され、新たな、またどこか親しみのある視覚体験を楽しんで頂けるのではないかと期待しています。

大和田 良 Ryo OHWADA
1978年 仙台市生まれ 東京在住
2004年 東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻修了
2023年〜東京工芸大学芸術学部写真学科 准教授

"UNDERWATER 012"
Kallitype / 406×508mm / edition:3 / 2023

"UNDERWATER 007"

"UNDERWATER 015"

ギャラリー名

hpgrp GALLERY TOKYO

住所

東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1F

開館時間

12:00~19:00(日曜・月曜・火曜休廊)

アクセス

東京メトロ 表参道駅 徒歩5分

URL

https://hpgrpgallery.com/

「14歳の写真展」(桜我、富樫庵、石原颯也、竹内琉斗、数井琥恩)photo by Yuko Akechi

#NEWS & REPORT

「14歳の写真展」(桜我、富樫庵、石原颯也、竹内琉斗、数井琥恩)photo by Yuko Akechi

2024年5月7日〜5月12日

クロカワリュート 個展「COSMIC vol.1」

#NEWS & REPORT

クロカワリュート 個展「COSMIC vol.1」

2024年4月30日〜5月5日

令和6年能登半島地震復興支援チャリティー展「co-」(シーオーハイフン / 能登とともに)

#NEWS & REPORT

令和6年能登半島地震復興支援チャリティー展「co-」(シーオーハイフン / 能登とともに)

2024年4月20日〜4月29日

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス あしたのデーモン」

#NEWS & REPORT

川田喜久治 作品展「ロス・カプリチョス あしたのデーモン」

2024年4月15日〜6月1日

大野咲子 写真集「家族のあとさき」

#NEWS & REPORT

大野咲子 写真集「家族のあとさき」

2024年3月1日

エドワード・ホール写真展「Floral Intimacy」

#NEWS & REPORT

エドワード・ホール写真展「Floral Intimacy」

2024年4月4日~4月14日

facebook instagram twitter