TOPNEWS & REPORT「時のかたち - 広川泰士展」

#NEWS & REPORT 「時のかたち - 広川泰士展」

2022年6月2日〜25日

2022.05.30

「時のかたち - 広川泰士展」

「時のかたち – 広川泰士展」が、emmy art +で開催される。

ステートメント
どうしてこういう形になるのだろうと、つくづく見入ってしまう。まるで意志や感情を持っているような枯葉の造形は、一つ一つ実に個性的で二つと同じものがない。まだ青々と樹木の一部として機能している時は、ほとんどみな同じような色や形で特別個性などは見当たらない。ただひたすら樹の栄養器官の一つとして、行儀良くお務めを果たしているように見える。ところが、ひとたび枝から離れると全く別物になる。まるで樹という大きな社会の、厳しい決まり事で縛られた集団生活から解放され、思う存分自我を主張しながら、我が儘放題に姿を変えて、好きな場所へ飛んで行ったり、動きまわっているように見える。枝から離れた瞬間、死なのかといえば、枯葉を見るかぎりそうではないように感じられる。次第に乾き、硬く、脆くなり、やがて微塵に、または湿気を帯び、腐爛し、蕩け、次代の養分になるべく次のステップへ移行する。この刹那の姿は、動物と植物の隙間を超えてユーモラス、グロテスク、妙に色っぽくと、刻々形を変化させながら強烈なキャラクターを発散している。

樹木は、地上にある幹や枝と同量の根を地下に伸ばしている。これらの相互作用で落葉と発芽を繰り返しながら生長している樹木の働きや形を、祖先から子々孫々、過去・現在・未来へと続く生命の形態と見立てるならば、現世を生きる「私たち個々の生」と個々の「葉」が重なる。自然の循環の輪は、遠い過去から未来まで、無数の(今)という瞬間で繋がっている。生命もまた、水のように姿を変えながら、その輪の中を、ずっと巡って行くのだと思う。
広川泰士

トークイベント
開催日時:6月11日 15:00〜16:00
ゲスト:山下裕二(美術史家)
6月10日(金)までに infogallery@emmyart.jp まで問合わせ。
(定員になり次第締め切り)

ギャラリー名

emmy art +

住所

東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 2F

開館時間

火〜金:12:00〜19:00  土:12:00〜18:00 日、月休廊

アクセス

東京メトロ 丸の内線 銀座駅 徒歩 2分

URL

https://emmyart.jp/

PORTFOLIO写真展:川田喜久治「聖なる世界」/ ポール・ストランド「メキシカン・ポートフォリオ」

#NEWS & REPORT

PORTFOLIO写真展:川田喜久治「聖なる世界」/ ポール・ストランド「メキシカン・ポートフォリオ」

2024年3月5日~4月27日

「JAPAN / A Love Story 100 Photographs by Michael Kenna」

#NEWS & REPORT

「JAPAN / A Love Story 100 Photographs by Michael Kenna」

2024年4月17日~5月5日

「MAGNUM MAGNUM 増補改訂版」

#NEWS & REPORT

「MAGNUM MAGNUM 増補改訂版」

2024年2月下旬

倉谷 卓 個展「through glass」

#NEWS & REPORT

倉谷 卓 個展「through glass」

2024年2月3日~3月2日

德田竜司個展「comprise」

#NEWS & REPORT

德田竜司個展「comprise」

2024年2月8日~ 2月12日

⾦井杜道 写真展 Souvenir Ⅱ ‐デジャヴの回想 アイルランド‐

#NEWS & REPORT

⾦井杜道 写真展 Souvenir Ⅱ ‐デジャヴの回想 アイルランド‐

2024年2⽉2⽇〜3⽉2⽇

facebook instagram twitter