TOPNEWS & REPORT田中長徳写真展「ウィーンとライカの日々」

#NEWS & REPORT 田中長徳写真展「ウィーンとライカの日々」

2022年3月9日~5月14日

2022.02.16

田中長徳写真展「ウィーンとライカの日々」

田中長徳写真展「ウィーンとライカの日々」が、gallery bauhausで開催される。

ステートメント
1985年頃東京でエルンスト・ハースに会いました。彼はウィーンの出身でその後長くニューヨークに暮らした写真家です。ハースとの会話でーウィーンは題材としてモノクロームの街なのかそれともカラーに向いている街なのか?
私が質問すると、ハースは、「そりゃウィーンはモノクロの街だよ。君は僕のウィーンのモノクロの仕事を見たことがあるかね?」と答えました。
ライフのスターフォトグラファーとしてカラーの魔術師と呼ばれていたハースからの答えでしたが、私は戦争直後にオーストリア帰還兵を撮影したハースの優れたモノクロームのフォト・ドキュメンタリーを見ていたのでその話になりました。
残念ながらハースの「オーストリア帰還兵」の仕事はほとんど世に知られていないのです。

1985年頃プラハではウィリアム・クラインに会いました。
彼の回顧展の展示中に、数日間行動を共にしてアシスタントをしたのです。
クライン曰く、次の自分のテーマはウィーンだ。ニューヨーク、パリ、東京、モスクワは撮影したけどウィーンはまだ撮影したことないからね。

1973年から80年までの7年半の間に私は膨大な数のウィーンのスナップショットをモノクロ・フィルムで撮影しました。思えばエルンスト・ハースとウィリアム・クラインに会ってから35年の時間が経過しています。
今回の写真展はエルンスト・ハースとウィリアム・クラインの代打者としてウィーン球場のバッターボックスに立った感じなのです。それに小瀧さんの「ウィーン-旅の憂鬱」はカラー作品ですからそれに対戦するモノクロチームのつもりでもあります。

「ウィーンとライカの日々」と言うタイトルは、26年前に出版した写真集のタイトルです。
田中長徳

ギャラリー名

gallery bauhaus

住所

東京都千代田区外神田2-19-14

開館時間

11:00~19:00(日、月、祝日休廊 入場無料)

アクセス

JR、東京メトロ 丸の内線 御茶ノ水駅 徒歩5分

URL

http://www.gallery-bauhaus.com

大林直行「refrain」

#NEWS & REPORT

大林直行「refrain」

2024年7月25日〜8月13日

Pascal Viout パスカル・ヴィウ 写真展「PERMANENT VACATION 長い長い休み」

#NEWS & REPORT

Pascal Viout パスカル・ヴィウ 写真展「PERMANENT VACATION 長い長い休み」

2024年7月25日〜8月12日

武田陽介 個展「Singinʼ in the Rain」

#NEWS & REPORT

武田陽介 個展「Singinʼ in the Rain」

2024年7⽉6⽇〜8⽉10⽇

山内悠「空晶 ku-sho 現象から空間へ」

#NEWS & REPORT

山内悠「空晶 ku-sho 現象から空間へ」

2024年7月27日〜9月1日

大内進/奥野泰「Ox2展」

#NEWS & REPORT

大内進/奥野泰「Ox2展」

2024年8月7日〜8月12日

KOTARO NUKAGA移転記念オープニング展「Rhizomatiks Beyond Perception」

#NEWS & REPORT

KOTARO NUKAGA移転記念オープニング展「Rhizomatiks Beyond Perception」

2024年6月29日〜9月28日

facebook instagram twitter