TOPNEWS & REPORT博報堂プロダクツ レタッチャー REMBRANDT作品展「LOVE」

#NEWS & REPORT 博報堂プロダクツ レタッチャー REMBRANDT作品展「LOVE」

2021年11月4日〜11月29日

博報堂プロダクツ レタッチャー REMBRANDT作品展「LOVE」

博報堂プロダクツのフォトクリエイティブ事業本部の画像処理部署「REMBRANDT」(レンブラント)に所属する19名のレタッチャーによる作品展「LOVE」が、開催された。

紹介文
昨年開催した「JAPAN」に続き、第2回目となる「LOVE」は、レタッチャーが主体となり、企画・立案・実施する作品展です。新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大によって、先の見えない不安な状況が続く中、初めて「ものづくり」ができない怖さ、同時に何もできないことへのフラストレーションを感じていました。自分たちがこれまでやってきたこととは何か。これから自分たちができることとは何か。今一度、クリエイターとしての原点に立ち返り、この状況だからこそ、何かをつくろうと思い立ちました。REMBRANDTのレタッチャー19名それぞれが、自分の声に心を傾け、大切に想うこと、いまの時代に自分自身が感じる「LOVE」を探求した作品を制作しました。この作品展により、挑戦を続ける私たちの想いが皆さまへ伝わればと考えています。

参加メンバー:(50音順)
石井幹也/伊藤亮/井上隆二/岩佐真依/浦田淳/岡田美由紀/小原茉莉/柿沼周史/加藤智行/小柴託夢/竹﨑子/中里有貴/畠山祐二/波多野明/服部伸崇/林夏菜/與川拓海/吉岡直人/羅浚偉

波多野明「me-deru」
ひと株の薔薇を育てている。
可憐な花を咲かせるが、彼女の美しさはそれだけではない。
はち切れんばかりの蕾や触れると危険な刺。
その全てが生命感に溢れ美しい。
また、生きた証として残された
骸(むくろ)にさえも生への執着を感じる。

そんな彼女を今日も愛でる。

岩佐真依「GARAPPA」
人間とカエルと亀と魚のような姿で度々伝説の生物として登場する河童を愛らしく思う。
人々にイタズラや時に災害をもたらすが人間の願いを叶えてあげることもある。
人の愛情深さから生まれた妖怪の一匹だと感じた。

柿沼周史「LOVEなゆがみ」
時に、時間や空間の感覚さえも自分の都合のいいように
変えてしまうようなLOVEの持つ力の強さを、
実際にハート型に歪んでしまった画像で表現した。
また、夜景や、観覧車など、印象として
スケールの大きなものをゆがませる事によって、
LOVEという言葉の持つスケール感の大きさが
表現できるのではないかと思った。

加藤智行「eye love…」
目に入れても痛くない

林 夏菜「birth of love」
初めてエコーを見たとき
お腹の中にピーナッツがいた
愛しいピーナッツ

展覧会場

博報堂プロダクツ本社 フォトクリエイティブ事業本部 フリースペース

住所

東京都江東区豊洲5-6-15 NBF豊洲ガーデンフロント 1F

開館時間

13:00〜19:30(最終入場:18:30) ※土日、祝日も入場可能。

アクセス

東京メトロ 豊洲駅 徒歩7分

URL

https://photocreative.jp/

竹内英介写真展「NY Lower East Side 1989」

#NEWS & REPORT

竹内英介写真展「NY Lower East Side 1989」

2022年1月12日〜1月30日

JIN ITO PHOTO EXHIBITION「57sec」

#NEWS & REPORT

JIN ITO PHOTO EXHIBITION「57sec」

2022年1月9日~1月23日

三田春雄写真展「よぐ来たねし」×吉田幸一郎写真展「Paris Ça et là(パリ サエラ)」

#NEWS & REPORT

三田春雄写真展「よぐ来たねし」×吉田幸一郎写真展「Paris Ça et là(パリ サエラ)」

2022年2月10日~2月21日

須藤和也写真展「沈黙の隣に」

#NEWS & REPORT

須藤和也写真展「沈黙の隣に」

2022年1月6日〜1月25日

西野壮平写真展「線をなぞる

#NEWS & REPORT

西野壮平写真展「線をなぞる "tracing lines"」

2022年1月20日~3月7日

プロフォト製品が、ニコンのフラッグシップ機「Nikon Z9」に対応

#NEWS & REPORT

プロフォト製品が、ニコンのフラッグシップ機「Nikon Z9」に対応

2021年12月23日

facebook instagram twitter