ライカカメラ社は、画期的な新システム「ライカTシステム」を発売する。

「ライカT」は、ライブビュー方式のレンズ交換式デジタルカメラで、無垢のアルミから削り出された美しいデザインのボディに、APS-Cサイズのセンサーを搭載し、高精度のレンズとの組み合わせで優れた画質を実現する。

革新的な高精度技術を駆使しし、アルミニウムの塊から削り出したボディはコンパクトで堅牢感があり、素材感と感触の良さを実感できる。
その他のパーツは、最高の素材を用いて精緻な加工技術で製造するという従来のカメラ製造の現場ではあまり見られない方法を採用。これにより、ライカTシステム独特の外観、質感、堅牢感を実現。適度な重量感と新コンセプトに基づく直感的な操作性により、新しいカメラシステムならではの撮影が楽しめる。

ライカTシステム専用レンズとして、新たに開発された2種類のレンズ「ライカ バリオ・エルマーT f3.5-5.6/18-56mm ASPH.」と、コンパクトな大口径レンズ「ライカ ズミクロンT f2/23mm ASPH.」を発表。

今後は、広角ズームレンズ「ライカ スーパー・バリオ・エルマーT f3.5-4.5/11-23mm ASPH.」、望遠ズームレンズ「ライカ バリオ・エルマーT f3.5-5.6/55-135mm ASPH.」が「フォ
トキナ2014」にて正式に発表される予定。

●主な仕様
レンズマウント:ライカTバヨネットマウント方式
使用レンズ:ライカTレンズ
撮像素子:CMOSセンサー サイズ:23.6×15.7mm(APS-Cサイズ)
総画素数:1650万画素
有効画素数:1630万画素
アスペクト比:3:2
動画の記録形式:MP4
動画の記録画素数:フレームレート 1920×1080p/30fps、1280×720p/30fps
ISO感度:オート、ISO 100~12500
露出補正:-3EV~+3EV (1/3EVステップ)
シャッタースピード:30~1/4000秒
液晶モニター:3.7型TFT液晶モニター
ドット数:130万ドット タッチパネル液晶
Wi-Fi(無線LAN)準拠規格:IEEE 802.11b/g/n(無線LAN標準プロトコル)
大きさ:134×69×33mm(幅×高さ×奥行)
重さ:約384g(バッテリー含む)

発売:2014年5月26日
価格(ボディ):237,600円(税込)


ボディは無垢のアルミから削り出し。

 

左/ライカ ズミクロンT f2/23mm ASPH. 右/ライカ バリオ・エルマーT f3.5-5.6/18-56mm ASPH.