ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「ニコン D4S」を発売する。

「D4S」は、従来機「D4」をベースに、AF性能、画質、ワークフローと操作系、動画など、プロフェッショナルフォトグラファーの厳しい撮影条件下で必要とされる機能を見直すことで、フラッグシップモデルとしての完成度を高めた。

AF性能は、プロフェッショナルの高度なカメラワークを想定し最適化したアルゴリズムを採用。撮影画面内に突然入ってくる被写体を正確に掴むAF初動と、被写体が高速で接近し、フレームいっぱいの構図になっても追従し続ける正確性を高めている。

「グループエリアAF」を新たに搭載したほか、AF・AE追従で約11コマ/秒の高速連続撮影により撮影ワークフローの高速化を実現。新画像処理エンジン「EXPEED 4」、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーにより、従来よりも高い鮮鋭感と立体感、自然な肌のトーンを実現した。

常用感度域はISO100〜25600。オートホワイトバランスの精度も向上させている。

連続撮影時の像ブレを抑え、像消失時間を短縮させることによりファインダーの見えを改善したほか、グリップ形状とボタン類のレイアウトの改良により、よりスムーズでストレスの少ない操作性とワークフローを実現。有線LAN通信では1000BASE-Tに対応し、撮影後のPCでの編集をスピーディに行なえる「RAWサイズS」(12bit、非圧縮)も導入した。

動画では、1920×1080:60p/50pのフレームレートに対応。「EXPEED 4」により、全感度域(ISO 200-25600)でノイズを抑え、なめらかで豊かな階調表現が可能になった。

価格:オープンプライス
発売:2014年3月6日(予定)