伊勢神宮の公認フォトグラファーでもある、宮澤正明さんの初監督映画「うみやまあひだ 伊勢神宮の森から響くメッセージ」が、公開される。

式年遷宮、パワースポット巡りブームもあり、2013年度の参拝者数が1420万人という過去最高を記録した伊勢神宮。

古来、自然と折り合いをつけて生きてきた日本人。その心と暮らしの原型を伊勢神宮に見出した宮澤さんは、ここに私達の未来への一つの答えがあると直感し、4Kカメラを手に伊勢の森から各地の森へ、点と点を結ぶ旅を続けてきた。やがて見えない糸で人と人がつながり、言葉が響きあい、日本初の4Kドキュメンタリー映画「うみやまあひだ」が完成した。

本作は、澄んだ空気を肌に感じる圧倒的な映像美、心に染みわたる音楽、そして、建築家・隈研吾さん、映画監督・北野武さんなど各界の賢人12名が語る知恵の言葉の数々...を収録。

目先の事だけではなく、100年、200年、1000年・・と先の事を見越してモノゴトを考えることが、これからの生き方を考える上で重要なのではないか? という問いかけにもなっている。

なお「109シネマズ二子玉川」は、本作がオープニング上映作品となる。

●作品情報
タイトル:「うみやまあひだ伊勢神宮の森からのメッセージ」
監督/撮影監督:宮澤正明
製作:サステイナブル・インベスター
制作:ハートツリー、ジェネレーション・イレブン・ピクチャーズ
制作協力:宮澤正明写真事務所
エグゼクティブプロデューサー:奥山秀朗
プロデューサー:服部進、鎌田雄介、瀧澤信
編集:宮島竜治
構成:鎌田雄介
音楽監督:立川直樹音楽:アキコ・グレース、喜多嶋修
テーマ曲:AUN J クラシック・オーケストラ
配給:ライブスパイア、ジェネレーション・イレブン・ピクチャーズ
2014 年/79分/4K/カラー/デジタル/アメリカンビスタ/5.1ch

●登場人物
伊勢神宮神職・河合真如、建築家・隈研吾、宮大工棟梁・小川三夫、映画監督・北野武、神宮司廳営林部・倉田克彦、木曽池田木材三代目・池田聡寿、法隆寺管長・大野玄妙、京都大学名誉教授・田中克、脳科学者/作曲家・大橋力、牡蠣漁師・畠山重篤、生態学者・宮脇昭、料理人・成澤由浩

宮澤正明
1960年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。1985年に赤外線フィルムを使用した処女作「夢十夜」でニューヨークICP インフィニティアワード新人賞受賞。帰国後、ファッション・広告の分野に活動の領域を広げる。2005年第62 回神宮式年遷宮の正式な撮影許諾を受け「現代に生きる神話」をテーマに撮影を開始、2013年10月に行われた遷御の儀までの間に6 万点に及ぶ作品を奉納する。近書に写真集『浄闇』『遷宮』。
 

会場風景


 

イベント情報

109シネマズ二子玉川
http://109cinemas.net/futakotamagawa/

会場名
109シネマズ二子玉川
住所
東京都世田谷区玉川1-14-1
「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」内
オープン時間
上映時間 問合せ:
うみやまあひだ事務局(ハートツリー株式会社内)
03-6268-8328
アクセス
東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅直結