デジタルインスタレーション「LIFE COLOR WINDOW」が、銀座・資生堂本社ショーウインドーとWebサイト上に登場する。

資生堂宣伝・デザイン部と、デジタル領域で活躍するクリエイターが共同制作を行うプロジェクトは、今回が2回目。
第1回目(2013年10月公開)にはtha ltd.中村勇吾とのコラボレーションで、SNSの写真を色時計に変換する「LIFE COLOR CLOCK」が発表された。(http://shooting-mag.jp/news/news/00616.html

今回の「LIFE COLOR WINDOW」では、ユーザーの一瞬の写真を、古典的なステンドグラス作品に変換するという体験を通して、「美」への新たな気づきを提供することを目的としている。
資生堂宣伝・デザイン部と、クリエイティブラボPARTY が、合同開発した。

体験方法は2通り。銀座・資生堂本社のショーウインドーではステンドグラスを模したカメラ内蔵型のインスタレーションが登場し、その場で写真を撮影すると、たちまち自分の写真が反映されたステンドグラスの画が出現する。
本物のステンドグラスのような質感を再現するため、液晶フィルム技術を応用したデジタルモニターが開発された。

特設Webサイト上では、Facebookの写真を使って、その人だけのステンドグラスが生成される。そこで生み出された画像は、精巧に作られたミニチュア模型「ステンドグラスハウス」内に、実際に1枚1枚出現していく。

その様子はWebを通して生中継されるため、銀座に足を運ぶことができないユーザーも、自分の姿がステンドグラスとしてミニチュア模型の窓に現れる様子を楽しめる。
※ウェブ上で撮影された写真を1枚ずつ表示するため、ユーザーには自分の写真が現れるまでのカウントダウン時間が表示される。
※Webで生成された画像は、資生堂本社ショーウインドーには表示されない。

展示期間:2014年10月23日〜12月25日(予定)

会場風景


会場名
資生堂銀座ビル1階 ショーウインドー
住所
東京都中央区銀座7-5-5
資生堂銀座ビル1 階 ショーウインドー
アクセス
JR・東京メトロ 新橋駅 徒歩5分
東京メトロ 銀座駅 徒歩8分