ホームページ作成サービスのWix.comは、主催した写真家コンテストの優勝者、若井玲さんと共に、本物の無重力空間でのファッション写真撮影を実現させた。

本コンテストはWixから優勝者へ夢の写真撮影実現のチャンスを贈るというもので、世界中から7千を超える応募の中から日本人の若井玲子さんが優勝を勝ち取った。若井さんの夢は「無重力空間の中でファッションモデルを撮影する」こと。その夢を実現させた。

アメリカフロリダ州に発着する無重力フライトサービスの航空機内にて、得られる無重力状態は合計7分弱という限られたの時間の中で行われた。

モデルには国際的に人気上昇中のトランスジェンダーモデル、スタブ・ストラスコさんを起用。2012年にトヨタオーリスのCMに起用され、日本でも有名になった。

スタヴ・ストラスコさんは、「この依頼を受けたとき、レイコが自分を指名してくれたことを嬉しく、そして誇らしく思った。でも少し萎縮もした。なぜなら、私の役目は自分自身を美しく見せること。無重力空間という予想がつかない状況で優雅にポーズをとるなんて、今までに経験したことがなかったから。当日の撮影現場の状況を言葉で表すと、非現実的、の一言よ。この撮影では、私とレイコとWix制作チームが一丸となって、クレイジーで美しい夢を実現させるために力を合わせたの。」と、無重力撮影の感想を語った。

若井さんへの一問一答インタビュー

-- 撮影で楽しかったことは?
とにかくふわりと浮かぶ浮遊感が楽しかったです。子供の時、空を飛ぶ夢を見ることがあって、夢の中でもふわりとした浮遊感があったのですが、その感覚とまさに一緒でした。

-- 驚いた点は?
浮かぶ感覚がすごく楽しい反面、予想以上に物理的に自分の体の自由がきかず、驚きました。あとずっとファインダーを覗いていたせいか、無重力が終わった日と、その次の日まで浮遊感がずっとしていて、具合が悪かったです。

-- 苦労した点(難しかったところ)
あまりにも物理的なコントロールが効かない状態での撮影だったので、その点が一番苦労しました。通常ストロボを使用したスタジオ撮影では、モデルと私とライトの距離は固定ですが、無重力空間ではこれがどんどん動いていきます。

私自身が思いっきり浮いてしまったり、モデルのスタブがコントロールしきれなくて意図しない方向に流れてきてしまったりしたので、この3者の距離の取り方が一番大変した。

また今回のフライトでは、30秒弱の無重力状態が、毎回数分の間をおいて15回繰り返されるものでした。無重力と無重力の間の時間は、飛行機が急上昇中のため、重力が二倍になり体の身動きが取れません。通常であれば、メイクさんやスタイリストさんに直しに入ってもらいますが、それも無理でした。

あと飛行機の中では絶えずゴーっという騒音がありお互いの声が聞こえにくかったため、Wix制作チームとのコミュニケーションが取りづらく苦労しました。モデルに指示を出すのにも苦労しました。始終叫びながらの撮影となりました。

準備段階にもたくさんの苦労話があります。
今回結成されたWix制作チームはアメリカ人、イスラエル人、日本人のグローバルなチームだったので、時差、言葉の問題、仕事の進め方・ビジネス文化の違いに苦労しました。

準備期間中にイスラエルと日本とアメリカの3箇所をつなぐ電話会議が何回もありましたが、そのうち誰かは必ず変な時間に参加をしなければいけませんでした。言葉の問題は、Wixの日本人の方に通訳をしてもらいながら進めましたが、やはり細かいニュアンスや写真撮影の専門用語などの問題もあり、全体的にWix制作チームとのコミュニケーションには苦労しました。文化についても、日本、アメリカ、イスラエルの文化がお互いに異なるので、仕事の仕方や進め方も日本と180度異なる要素もあり、戸惑うことが多くありました。

機内に持ち込める機材やプロップへの制限も、難関でした。無重力で撮影したいという私の突拍子もないアイディアからはじまって、Wix制作チームの皆様につくりあげていただき感謝しているのですが、自分の理想の写真を撮るからにはできるだけ妥協したくありませんでした。

背景や持ち込むプロップについてかなりわがままを言わせてもらい、最初こうしたい、ああしたいとたくさん提案したのですが、今回民間飛行機の中での撮影であることから、FAA(アメリカ連邦航空局)の安全規制に引っかかり持ち込むことができない機材やプロップがたくさんありました。

提案と却下の繰り返しの中、何度も撮影テーマを練り直し、今回のイメージに固まったのは1週間半前でした。テーマ決定がギリギリのタイミングだったので、準備期間を通してずっと緊張の連続でした。

また、ストロボについても、2灯使用予定だったのですが、撮影前日の機内ライトテストで、1本しか持ち込んではいけないという指示が来てしまい、かなり焦りました。1日前というタイミングで、慌ててライトの戦略を練り直し、当日は1灯で臨みました。


フォトグラファーも浮いてしまうとアングルが定まらないため、スタッフが若井さんを抑えながら撮影した。

-- 衣装やバックのシルバー素材のコンセプト
当初は宇宙感と言うテーマ設定ではなかったのですが、上記にあげた通りFAA規制が多く、背景の色やライトの量に制限があったので、不利を逆手にとって有効に活用できるテーマにしようということで、無重力と言うロケーションとも合う、宇宙船や宇宙飛行士をテーマに撮影しました。またストロボの使える台数が限られていたので、光をまわそうと思い、レフ板的な意味合いもあります。

-- 撮影機材
カメラ:Canon EOS 5Ds
レンズ:24-105mmズーム
ストロボ:Profoto B1

■若井玲子プロフィール
北海道札幌出身。
多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科十文字美信ゼミ卒業後、
都内スタジオ勤務。フォトグラファー宮原夢画氏のアシスタントを経て、
2014年独立。

■Wix.comについて
Wix.comは、プログラミング作業不要の、スモールビジネス向けホームページ作成ツールです。Webをもっと身近なものにし、すべての人がウェブサイトを手軽に運営できるようにしたいという想いから誕生しました。現在、登録ユーザーは世界で1億1000万人以上。
無料版と有料版のサービスの提供を通じて、企業、団体、専門家、そして個人に至るまで、あらゆる人々がインターネットを通じてビジネス拡大やブランド構築を実現できるようお手伝いしています。

メイキング映像リンク:https://www.youtube.com/watch?v=NOLdIGeyNPM&feature=youtu.be
若井玲子さんホームページ:https://www.reikowakai.com/
Wix Dream Photoキャンペーンサイト:http://www.wix.com/wix-photography/dreamphoto-ja
Wix.com ホームページ:https://ja.wix.com/