TIME_20160208_C1.jpeg

明日発売の「TIME」誌の表紙を、フォトグラファーの青木健二さんが撮影している。
被写体は、バービー人形。

玩具メーカーのマテル社は、2月に新しい3つの体(小柄、長身、曲線美)のバービー人形を発表する。
57年間、アイコンとして親しまれてきた痩せ形のバービ−人形のイメージが壊れる事を恐れていた為、体型を変える事を拒んできたマテル社。このチェンジは、女の子の美についての基本的な定義を、世界的に変える事に繋がるかもしれない。

スタイリストは、カリフォルニアで23年間バービーのスタイリングをしているMary Jordanさん。MaryさんとバービーはNYに渡り、青木さんのスタジオで撮影している。

「世界には想像すらできなかったスペシャリストがいるのだな、と感慨深い撮影でした。彼女のバービーに向ける愛情が写真に深みを与えてくれました」と青木さん。

「TIME」社のWebサイトでは、撮影のメイキングムービーも公開されている。
http://time.com/4196264/barbies-new-body-times-cover-shoot-behind-the-scenes/
(*最初にコマーシャルが流れます)


スタイリストのMary Jordanさん。




撮影中の青木さん。