「東京インターナショナルフォトコンペティション」作品募集

TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY(T.I.P)は、フォトコンペ「東京インターナショナルフォトコンペティション」(Tokyo International Photo Competition)の作品募集を開始した。

東京インターナショナルフォトコンペティション(TIPC)は、文化および地理をまたぎ、世界の核となる写真コミュニティとの橋となる事を目的に開催する国際フォトコンペティション。第2回目となる今年の対象地域は、北アメリカ、ヨーロッパ、そして日本。

それぞれのエリアの写真家が、国を超えアーティスティックなヴィジョンを提示し、写真によるコラボレーションを可能にする機会を創りだす。
2013年に創設された同フォトコンペティションは、2015年に東京での開催を目標とする国際フォトフェスティバルに向けた最初のステップ。今年8月には、2回目となるTIPCに加え、第1回東京インターナショナル・ポートフォリオ・レビューを開催。国際的に活躍する著名な編集者やキュレーターが一堂に東京に会する。

コンペティションでは、世界に知られる9名の国際的な審査員が応募作品を審査。才能溢れる写真家を選出し、選ばれた作家の作品は2014年秋に東京とブルックリンで、2015年春にはベルリンで展示される予定。


●応募概要
対象:北米、ヨーロッパ、そして日本で活動・もしくは居住している全ての写真家からの応募を受付。
(対象となる国の詳細なリストについてはFAQを参照)
テーマ: IDENTITY
応募期間:2014年4月18日~2014年6月30日
応募費用:1シリーズ(最大写真6点)につき30米ドル
応募方法:http://competition.tokyophotofestival.com/jp/ よりオンライン上にて受付。
審査方法:9名の審査員によるポイント制

●受賞者特典:8名が選出され、そのうちグランプリ1名を選出。
・審査によって選ばれた8名の写真家
コンペティションの審査員によって選ばれた8名の写真家は、東京(日本)、ニューヨーク(米国)そしてヨーロッパの3地域で開催されるトラベルエキシビションで作品が展示される。

・グランプリ受賞者(1名)
上記のトラベルエキシビションに加え、審査員によってグランプリに選ばれた1名の写真家は、2014年8月に開催される東京インターナショナル・ポートフォリオ・レビューに交通費・宿泊費全てを主催者負担のもと招待される。

●審査員:9名
・サイモン・ベインブリッジ(British Journal of Photography 編集長)
・ジム・キャスパー(LensCulture 編集長/出版者)
・ステーシー・D・クラークソン(Harper's Magazineディレクター.)
・森山大道(写真家)
・ラモン・レベルテ(Editorial RMディレクター)
・カーラ・ソザーニ(Galleria Carla Sozzaniディレクター)
・竹内万里子(写真評論家、キュレーター)
・南條史生(森美術館館長)
・バーバラ・タンネンバウム(クリーブランド美術館 写真部門キュレーター)


Tokyo International Photo Competition 公式・募集受付サイト
http://competition.tokyophotofestival.com/jp/