井津建郎写真展「Seduction of Pear 洋梨の誘惑」が、ギャラリー・バウハウスで開催される。

ニューヨーク生活で出会った洋梨に魅せられた井津さんが、8×10の大判カメラを使って撮影、古典技法のプラチナ・プリントで仕上げた写真展。

夕暮れ時の窓際で洋梨と対話、そしてその魅惑的なフォルムと存在に対峙しつつ、1990年秋から撮り始めたテーマを20年数年ぶりに再び撮影に挑んだ作品。
プラチナ・プリント約30点を展示する。

井津建郎
1949年大阪生まれ。20歳で写真家を目指し渡米。1974年にニューヨークに Kenro Izu Studioを設立。1979年、初めてエジプトを訪れ、それ以来大型カメラでヨーロッパ、中東、アジア各地の聖地を撮影、古典技法のプラチナ・プリントで作品制作を行っている。
1993年に訪れたカンボジア・アンコール遺跡群に感銘を受け、写真家としての活動の傍ら、1996年NPO「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー」を設立。1999年に「アンコール小児病院」、2015年にはラオスに「ラオ・フレンズ小児病院」を創設して現在も運営に携わっている。  アメリカ・グッゲンハイム・フェローシップをはじめ、数々の奨学金を受賞。2007年には、写真界のアカデミー賞と言われる「ルーシー・アワード」のヴィジョナリー賞を受賞。
 

展示会風景


Seduction of Pear ©Kenro Izu
 

展示会情報

ギャラリー・バウハウス
http://www.gallery-bauhaus.com

ギャラリー名
ギャラリー・バウハウス
住所
東京都千代田区外神田2-19-14
開館時間
11:00~19:00 日、月、祝日休
入場無料
アクセス
JR、東京メトロ(丸の内線)御茶ノ水駅下車 徒歩6分