舞山秀一写真展「progress」が、ギャラリー イー・エム西麻布で開催される。

「自分自身の内面と向き合う方法として『旅に出ること』は極めて重要な行為」と語る舞山さん。街を漂うような視点で切り取っていく方法で、自らの感覚を磨いているよう。
今回の写真展「progress」の作品群は「舞山秀一」のスタイルを決定付ける上で重要な作品であり、写真人生のターニングポイントが写し出されている。

ステートメント
2002年 LYON・PARIS・ROMA
一人漂うように、歴史に浸り、人々に浸る。
感覚を研ぎ澄ますと見えてくる「物、人、空間、時間、感覚」は、自分を写す鏡のようにも感じる。
被写体に自分自身を投影させて、フィルムに刻んでいく。
写真とは行為であり感情そのものでもあるのだ。
舞山 秀一
 

展示会風景


展示会情報

ギャラリー イー・エム西麻布
http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/

ギャラリー名
ギャラリー イー・エム西麻布
住所
東京都港区西麻布 4-17-10
開館時間
12:00〜18:00(日・月曜日休館)
アクセス
西麻布交差点より徒歩5分