「三浦の人びと展」実行委員会は、農業と水産業が代表的な「三浦市」をテーマにしたポートレート展「三浦の人びと展」を開催する。

かつてはまぐろ類の水揚げで全国有数の遠洋漁業基地として隆盛を極めた三浦市。現在は就業・教育面では市外への流出が著しく、居住人口は4万人となっている。有識者団体「日本創生会議」からは神奈川県市部で唯一「消滅可能性都市」として挙げられている。

ここに住む市民は第一次産業従事者が多く、何世代も家業を続けてきた人が多数いる。その三浦市の特徴、ここで暮らす人の特徴から人にフォーカスし、そのポートレートを集めることで、この土地特有の個性や風土をアピールしたいと企画された。

第1回展示を10月29〜30日の2日間、作品を三浦の町中、畑、港、海岸などに展示。来場者には専用スマートフォンアプリを使って作品を案内する。

第2回展示は12月1日~11日までの期間、昭和初期からの遠洋漁業基地「みさき魚市場」として知られる「三浦市三崎水産物地方卸売市場」を会場に、全作品を一堂に展示する。

フォトグラファーはスタジオボイスの「日本の写真家100人」に選出され、雑誌や広告など、ポートレート写真を中心に幅広い分野で活動している有高唯之さん。有高さんは数年前から三浦半島の逗子に移住し、これまで三浦の農家や漁師を撮影してきた。今回の企画では、有高さんが新たに撮影した作品が展示される。

会場を三浦市各地、三浦市三崎水産物地方卸売市場にすることにより、来場者がこの土地の風土や産業を感じてもらうことができる展示にする。本展により街と産業と人の関係を考え、三浦市内外の人たちが街の個性を再認識する場を作り出すのが目的となる。


展示会風景


料理人
 

農家
 

展示会情報

ミサキファンクラブ(事務局)
http://misakifc.com/

ギャラリー名
第1回:三浦市各地 第2回:三浦市三崎水産物地方卸売市場
住所
神奈川県三浦市三崎5丁目245番地7(三浦市三崎水産物地方卸売市場)
アクセス
京浜急行三崎口駅から城ケ島行き、三崎港行き、通り矢行きバスにて「三崎港」バス停下車 徒歩5分