笠間悠貴写真展「気象」が、photographers' gallery、KULA PHOTO GALLERY(隣接)で開催される。

大判カメラで自然風景を撮り続けている笠間さん。視覚的に捉えることのできない「風」をテーマに撮影。ゼラチンシルバープリント10点を展示する。

ステートメント
私は、2008年12月にギャラリー山口で開催された写真展「風景をかじったねずみ」以来、大判カメラを使ったモノクロの作品を制作してきました。2013年の「顫ふるえ」以降は気象、特に風をテーマに撮影を続けています。風は、被写体として直接写り込むことがなくても、光の状態や湿気などを通じてフレーム全体に影響を及ぼすものです。形なきものをあえてテーマにすることで、写真の持つ指標性を問い直し、痕跡と像の関係を思考する試みでもあります。

本展では、ヒマラヤ山脈の西の端、ラダック地方で撮影した新作10点を発表します。カルドン・ラ峠やチャン・ラ峠、ヌブラ渓谷などの海抜5000メートルを越える高地の風景です。これほどの高地になれば、雲は真横に現れ、まるで気象のさなかにいるような感覚に包まれます。

気象をテーマにした撮影は、偶然による巡り合わせによって、その機会を得ます。大気の流れや、雲の動き、風の音などを読み、今まさに頭上で大きな気流の変化が起ころうとする時、シャッターを切ります。幸運にも、気象条件がそろい、激しい風の中で撮影することができました。

ところが風は写真という静止画の中で消え失せ、雲が描く模様や、青黒い空、空を反映する山肌だけが写し出されています。それでも実際にはこのフレーム内外を吹き抜ける不可視の風によって、それらの要素は成り立っているのです。これらの作品が伝えているのは、写真は世界に依拠して得られた像であるという圧倒的な事実なのです。

【展示内容/
笠間悠貴
1980年大阪府生まれ。明治大学大学院博士後期課程在籍中。「風景をかじったねずみ」(ギャラリー山口・東京、2008年)、「再生」(コバヤシ画廊・東京、2011年)、「顫え」(コバヤシ・東京、2013年)、「顫え2」(MUSSE F・東京、2014年)、「Air」(GALLERY mestalla・東京、2015年)、「metaphors」(photographers' gallery・東京、2015年)、その他グループ展多数。
http://pg-web.net/members/yuki-kasama/
 

展示会風景


 

展示会情報

photographers' gallery/KULA PHOTO GALLERY
http://pg-web.net

ギャラリー名
photographers’ gallery、KULA PHOTO GALLERY
住所
東京都新宿区新宿2-16-11-401
サンフタミビル4F
開館時間
12:00〜20:00(会期中無休)
アクセス
東京メトロ 丸ノ内線 新宿三丁目駅 C7出口 徒歩3分