shuntaro × Keiko Hudson「感覚のスティルライフ」が、America-Bashi Galleryで開催される。

フォトグラファーのシュンタロウとセットデザイナー・プロップスタイリストのケイコ・ハドソンによる初の二人展。

二人は2015年ハッセルブラッド・ジャパンが開催した公開シューティングイベントにキャスティングされ初めて共同作品を発表。その写真は今年6月にVOGUE ITALIAのPicsofthedayにも選ばれるなど海外からも注目を集めている。

本展覧会では、新作十数点の写真作品ほか映像作品も展示。それら写真や映像は、誰もが日常生活で一度は体験したことあるハプニングからうまれる感覚体験を、写真を介して反射的に呼び起こすことを試みている。

shuntaro フォトグラファー/ イメージディレクター
1985年東京生まれ。京都工芸繊維大学で建築・デザインを学び、広告系制作会社を経てフリーランスへ。2013年、University for the Creative Arts で写真の修士号を取得。
帰国後、株式会社bird and insect を立ち上げ、写真と映像の制作を行う。現在は代表取締役を務めつつ、日本大学芸術学部博士課程でファッション写真の研究やアートとしての写真制作も手がけている。
http://bird-and-insect.com/

Keiko Hudson セットデザイナー/ プロップスタイリスト/ ビジュアルディレクター
武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科を卒業後、渡英しUniversity of Sussex でMedia and Cultural Studies 修士号取得。2013年、日本に帰国。独学でセットデザイン及びプロップスタイリングを学びそれらの作品をインスタグラムで発表した。
海外から評価を得たことをきっかけに、2015年イタリア・ミラノでアシスタント業を経験し以後、東京をベースに国際的に活動している。雑誌や広告でのスタイリングをはじめ資生堂や日産のインスタグラムのビジュアルディレクション及びプロップスタイリングを手がけるなどデジタルの領域にも活動の幅を広げている。
http://keikohudson.com

展示会風景


「飛ぶ」2016
 

「まっさかさまに落ちる」2016
 

 「膨れ上がる」2016
 

展示会情報

America-Bashi Gallery
http://americabashigallery.com

ギャラリー名
America-Bashi Gallery
住所
東京都渋谷区恵比寿南1-22-3-1F
開館時間
12:00〜20:00 (初日は14:00から、最終日は17:00まで)
会期中無休
アクセス
JR山手線・埼京線「恵比寿」駅(東口)より徒歩5分