「トーマス・ルフ展」が、東京国立近代美術館と、金沢21世紀美術館で開催される。

ルフ氏の作品は1990年代から日本の美術館やギャラリーで紹介されてきたが、美術館で開催される本格的な回顧展は今回が初となる。

本展は初期作品である「Interieurs」や評価を高めた「Porträts」、少年時代からの宇宙への関心を背景とする「cassini」や「ma.r.s.」、インターネット時代の視覚・情報空間を問う「nudes」や「jpeg」など全18シリーズ、東京会場約125点、金沢会場約160点の作品で構成される。

紹介文
トーマス・ルフ(1958年ドイツ,ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、1990年代以降,現代の写真表現をリードしてきた存在です。
本展はその世界が注目する写真家の、初期から初公開の最新作までを紹介する展覧会です。ルフは初期に発表した高さ約2メートルにもなる巨大なポートレート作品で注目されました。それ以降、建築、都市風景、ヌード、天体などさまざまなテーマの作品を展開。それらを通じ、現代人をとりまく世界のあり方についてのユニークなヴィジョンを提示してきました。
私たちの視覚や認識に深く組みこまれた写真というメディアそれ自体も、ルフ作品の重要なテーマのひとつです。ルフは自ら撮影したイメージだけでなく、インターネット上を流通するデジタル画像からコレクションしている古写真まで、あらゆる写真イメージを素材に用い、新たな写真表現の可能性を探究しています。
作品選択や展示構成にルフ自身が参加するなど、作家の全面的な協力を得て実現する今回の展覧会では、未発表の新作を含む作品世界の全貌を紹介します。

展覧会公式HP
http://thomasruff.jp

金沢会場
場所:金沢21世紀美術館
会期:2016年12月10日〜2017年3月12日
http://www.kanazawa21.jp/

展示会風景


《Porträt (P. Stadtbäumer)》 1988年
C-print, 210×165cm
©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016


《w.h.s. 01》 2000年
C-print, 185×245cm
©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016


《cassini 10》 2009年
C-print, 98.5×108.5cm
©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016


《phg.12》2015年
C-print, 185×310cm
©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016
 

《Substrat 31 III》 2007年
C-print, 186×268cm
©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016
 

《zycles 3075》2009年
Inkjet print, 256×206cm
©Thomas Ruff / VG Bild-Kunst, Bonn 2016
 

展示会情報

東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp/

ギャラリー名
東京国立近代美術館
住所
東京都千代田区北の丸公園3-1
開館時間
10:00-17:00、金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(9月19日、10月10日は開館)9月20日(火)、10月11日(火)
観覧料(当日):一般/1,600円 大学生/1,200円 高校生/800円 中学生以下無料

アクセス
東京メトロ 東西線竹橋駅 徒歩3分