篠山紀信展「快楽の館」が、原美術館で開催される。

1960年代から現在まで常に写真界の先頭を走り続けてきた篠山さん。本展は、1938年完成の邸宅が元になった原美術館を、篠山さんがカメラによって《快楽の館》に変貌。出品作品はすべて撮り下ろしの新作で構成する。

約30名のモデルを起用したヌード写真で、すべて原美術館で撮影。プリントの何点かは《撮影したその場所》の壁面に展示する。

実在の空間と、展示された写真の中の空間が交錯し紡ぎだす、恥美で幻惑的な世界が展開される。

本展開催にあわせて図録/写真集「快楽の館」を講談社より発行。展覧会に出品されるイメージだけでなく、メイキング写真も掲載予定。
また、会期中イベントを予定。詳細は決まり次第、原美術館のWebサイト、ブログ等で発表される。

展示会風景


篠山紀信「快楽の館」2016年 ⓒKishin Shinoyama 2016


森村泰昌の常設展示作品と。


宮島達男の常設展示作品と。

展示会情報

原美術館
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

ギャラリー名
原美術館
住所
東京都品川区北品川4-7-25
開館時間
11:00〜17:00 (祝日11月23日をのぞく水曜は8:00 pmまで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜日(祝にあたる 9月19日、10月10日、1月9日は開館)、9月20日、10月11日、年末年始(12月26日〜1月4日)
入館料:一般1,100円、大高生700円、原美術館メンバーは無料/20名以上の団体は1人100円引。
アクセス
JR「品川駅」高輪口より徒歩15分/タクシー5分/都営バス「反96」系統「御殿山」停留所下車、徒歩3分。