「日本のグラフィックデザイン2016」 が、東京ミッドタウン・デザインハブで開催される。

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑「Graphic Design in Japan」。2016年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物とモニタで展示する。

身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインまで、日本のグラフィックデザインの現在を見ることができる。

会期中、グラフィックデザイナー・アートディレクター等によるトークイベントを開催。決定次第、デザインハブ公式サイトで告知される。
http://designhub.jp/

年鑑「Graphic Design in Japan 2016」
編集・制作:JAGDA年鑑委員会
編集長:服部一成
ブックデザイン:山下ともこ
発行:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
発売:株式会社六耀社 /2016年6月24日
価格:16,200円(税込)
 

展示会風景


亀倉雄策賞:三木 健 個展の告知ポスター「APPLE+」(cl:DNP文化振興財団)


JAGDA賞:卓球世界大会のテレビ番組ポスター「世界卓球 2015」(ad+d:上西祐理 cl:テレビ東京)
  

JAGDA賞:化粧品会社の新聞広告「50 selfies of Lady Gaga」(ad:小杉幸一 cl:資生堂)
 

JAGDA賞:化粧品ブランドの宣伝アニメーション「Bを探しに」(ad+i:渡邉良重 cl:資生堂)
 

昨年の会場風景
 

展示会情報

東京ミッドタウン・デザインハブ
http://designhub.jp/

ギャラリー名
東京ミッドタウン・デザインハブ
住所
東京都港区赤坂9-7-1
ミッドタウン・タワー5F
開館時間
11:00〜19:00
会期中無休・入場無料
アクセス
東京メトロ 日比谷線 六本木駅 地下通路にて直結
都営地下鉄 大江戸線 六本木駅 8番出口より直結