ライアン・マッギンレー「BODY LOUD」展が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。

ライアン・マッギンレー(1977-)は、2003年に25歳という若さでニューヨークのホイットニー美術館で個展を開催、以後もポートレイトと風景写真にさまざまな新機軸を打ち出し、「アメリカで最も重要な写真家」と高く評価されている一人。

紹介文
マッギンレーは、北米の田園風景、野外コンサート会場、あるいはスタジオのなかで、巧妙に光を操りながら場面を設定しつつ、被写体の予期せぬ動きや" ハプニング" を意識的に取り入れて撮影を行います。過去のさまざまなヴィジュアルイメージを参照しながら、微細で洗練された色彩と構図の作品が表現する、自由で過激、そしてときに純粋なユートピアのような世界は、古き良きアメリカのイメージと重なると同時に、仮想と現実が混在する現代という時代をそのまま反映した表現となっているといえるでしょう。日本の美術館では初個展となる本展では、作家自選による、初期から最新作までの約50点でその全貌を紹介します。
 

展示会風景


《Ivy (Bubbles)》
Cプリント 2015
©Ryan McGinley


《Jacob (Red Blueberry)》
Cプリント 2015
©Ryan McGinley


《Taylor (Black & Blue)》
Cプリント 2012
©Ryan McGinley


《Jessica & Anne Marie》
Cプリント 2012
©Ryan McGinley
 

《Bald Eagle (Pink)》
Cプリント 2012
©Ryan McGinley

展示会情報

東京オペラシティ アートギャラリー
http://www.operacity.jp/ag/exh187/

ギャラリー名
東京オペラシティ アートギャラリー
住所
東京都新宿区西新宿3-20-2
開館時間
11:00〜19:00(金・土は11:00〜20:00 最終入場は閉館30分前まで)
休館日: 月曜日(祝休日の場合は翌火曜日)
一般1,200円/大・高生800円/中学生以下無料
アクセス
京王新線 初台駅東口下車徒歩5分