「Oatman / New York」Mikiya Takimoto Photo Exhibitionが、富士フイルム「ギャラリーX」で開催されている。

広告や映画で活躍する瀧本さんが、アメリカのOatmanで弁護士宅を撮影。標準出力感度が、ISO200~6400という「FUJIFILM X-T1」の特長を活かし自然光で捉えた。

作者の言葉
Route66を砂漠や荒野を抜け西に向かう。
ラックマウンテンズの鉱山の中腹を険しく蛇行し峠を下ったところに残された小さな町がOatmanだ。
1930年代に弁護士が住んでいたという家を訪問する機会を得た。
微かな自然光で手持ちで撮影出来るのはX-T1の強みだ。

瀧本幹也
写真家。1974年愛知県生まれ。藤井保氏に師事後、1998年瀧本幹也写真事務所設立。
以後、広告・作品・エディトリアルなどの分野で写真を発表すると共に、テレビCF・映画などの映像作品も手がける。
主な著書に「BAUHAUS DESSAU∴MIKIYA TAKIMOTO」(05)、「SIGHTSEEING」(07)、「LAND SPACE」(13)などがある。撮影監督を務めた映画「そして父になる」はカンヌ国際映画祭で審査員賞受賞。映画2作目となる「海街diary」が今夏公開された。

展示会風景

展示会情報

フジフイルムスクエア内「GALLERY X」
http://fujifilm-x.com/gallery_x/ja/

ギャラリー名
富士フイルム ギャラリーX
住所
東京都港区赤坂9-7-3
開館時間
10:00〜19:00
会期中無休
アクセス
東京メトロ 日比谷線 六本木駅 徒歩5分 千代田線 乃木坂駅 3番出口より徒歩5分
都営大江戸線 六本木駅 8番出口と直結