ダニエル・リー展「循環+LOOP」が、橘画廊で開催される。

韓国のアーティスト、ダニエル・リー氏の日本で初めての個展となる。ソウルのクムサンギャラリーがマネジメントを担当し、近年、アートフェア(Cheongju Art Fair 2015など)でも注目を集めている作家の一人。

ギャラリーメッセージ
芽を出し、花を咲かせ、実をつけて地に帰る――。そうした永遠の生まれ変わりを象徴する植物などをモチーフとして制作した写真作品十数点を出品します。ダニエル・リーは家業の一つである葬祭事業に携わり、普通の人よりも多く死という現象に接する中、生には死が内在し、死にも生が内在するという考えを持つに至りました。穏やかで深遠さを感じさせる色調によって、生と死の循環というテーマを表現しています。

ダニエル・リー
1953年 ソウル生まれ。
1982年 インディアナ大経営学修士、87年ピッツバーグ大経営学博士。
2013年 マナスアートセンター(韓国京畿道楊平郡)で個展。

展示会風景


展示会情報

橘画廊
http://dancer.co.jp

ギャラリー名
橘画廊
住所
大阪市西区西本町1-3-4
大阪陶磁器会館B1
開館時間
12:00~19:00
日・月休
アクセス
地下鉄四つ橋線 本町駅 19,20番出口から徒歩1分