谷口京写真展「- wish you were there -」が、KanZan Galleryで開催される。

広告や雑誌で活動中の谷口さん。本展は、ヒマラヤやアマゾンから砂漠まで、ダイナミックな風景の中に、「独自の美学」や「生命・自然への尊厳」が感じられる作品、最大1000×1500mmの特大プリントをはじめ、24点を展示する。
 
 

作品「Arizona 1995」
フォトグラファーへの道標となる大きなきっかけが、大学2年の冬にありました。
尊敬する写真家 写真家ロバート・フランクとの出会いです。
回顧展(横浜国際美術館)で来日したフランク氏に会いに行き、その際、
「君はまだ若い。人生はRolling Stone。だから旅をしなさい。Good luck on the road」という言葉をもらいます。
それを機にバイト代を貯めては夏休みにアメリカをロードトリップ。
作品を制作(卒業制作)した事で、師匠(宮本敬文)との出会いと渡米に繋がりました。
初めて目にした地平線、アメリカの荒野は、今も僕の原点です。

ステートメント
私は子供の頃から、漠然とした孤独を抱えてきたように思います。友達は沢山いましたが、森や川へ出掛けては、未知の世界を夢見る少年でした。だからこそ、やがてカメラを手にしたのかも知れません。「ここではない何処か」へ誘い、孤独も忘れさせてくれたのが写真だったのです。今回の作品は、現在までの旅の中から「君と見たかった景色」をテーマにセレクトしました。タイトル 「- wish you were there -」を、旅の果て、ようやく出逢った家族(妻、そして、この春生まれた娘)に贈ります。
 
谷口京
1997年 日本大学芸術学部写真学科卒業。
宮本敬文氏に師事後、NY市ブルックリンを拠点に独立。
仕事の傍ら世界各地を巡り、2004年に帰国。
旅雑誌「TRANSIT」ほか、広告、カタログ、
「世界の街道をゆく」(テレビ朝日)など様々なフィールドで活動中。
 

展示会風景


エベレストとローツェ。


アンコールワットの菩提樹。
 

ヒマラヤとヤク。
 

展示会情報

KanZan Gallery
http://www.kanzan-g.jp/

ギャラリー名
KanZan Gallery
住所
東京都千代田区東神田1-3-4
KTビル2F
開館時間
11:00〜20:00(月曜休)
アクセス
JR 馬喰町駅 徒歩3分
東京メトロ 日比谷線 小伝馬町駅 徒歩6分
都営新宿線 馬喰横山駅 徒歩4分
都営浅草線 東日本橋駅 徒歩6分