村松賢一写真展「せいぶつ」が、KanZan Galleryで開催される。

広告写真で活躍する一方、作品制作を積極的に行なっている村松さんの初めての個展。

作品は、実際の動物写真をデジタルデータ上で加工。紙に出力して折り紙のように折り、再度動物の形にする。
それを、あたかもその動物が存在するかのような場所に持ち込み、再度撮影するという、途方もなく時間のかかる作業を行なっている。

会場では、実際に撮影した「おりがみせいぶつ」を展示するほか、オリジナルプリント、ポストカードも販売する予定。

ステートメント
折り紙と生き物をひとつの世界観におさめた『せいぶつ』は、村松賢一のライフワークとなっているシリーズだ。
折り紙を折る、そして動物の顔や体などパーツの位置を確認すると一度展開し、その展開図をスキャニング。次はPhotoshopにて実際の動物の写真を切り貼りしていく。それを出力し再度折ると、あたかも写真でできた"生きた"折り紙が完成する。
幼少期に上野動物園の近所で育ち、毎日のように通ったことが影響しているのだという。
「動物なんだけれど、静かな生き物でしかない。地球に暮らす人間は誰よりも偉ぶって生きている。だからこそ、動物も、昆虫も、生き物たちはみな不自由だ。人間と暮らしている以上、彼らはいつまでたっても"せいぶつ"でしかないのかもしれない」。

村松賢一
1980年 東京生まれ。
日本大学芸術学部卒業後、2003年アマナ入社。
2010年 フリーフランスとして活動開始。
2013年 55Inc設立。
http://55-inc.com/kenichi_muramatsu/
 

展示会風景


しろくま


たか


くじゃく

展示会情報

KanZan Gallery
http://www.kanzan-g.jp/

ギャラリー名
KanZan Gallery
住所
東京都千代田区東神田1-3-4
KTビル2F
開館時間
11:00〜20:00(月曜休)
アクセス
JR 馬喰町駅 徒歩3分
東京メトロ 日比谷線 小伝馬町駅 徒歩6分
都営新宿線 馬喰横山駅 徒歩4分
都営浅草線 東日本橋駅 徒歩6分