ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第13回写真「1_WALL」展を開催する。

ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展で作品を発表。

会期中の11月4日(水)には、グランプリを決定する公開最終審査会が開催される。一般見学者にも公開される、ファイナリストによるプレゼンテーションと審査員による議論を経て、グランプリが決定。グランプリ受賞者には1年後の個展開催とパンフレット制作の権利が贈られる。

今回の「1_WALL」では、自らの性の問題を写真を通して確認するべく人に迫ったポートレートや、心の奥底に潜む憤りを、独自の視点で身の回りのものを切り取り表現した作品、福島の社会的な課題をテーマにしたドキュメンタリー的写真、また、セルフポートレートや日常の光景から、現実とは異なる別世界をつくりあげた作品、メニエール病を患う友人に心を重ね、その状況を可視化したスナップ写真、インド、ネパール、東京などのスナップショットとウェブで発表されている様々なデータやビジュアル資料や自筆のテキストを用いて自らのルーツを掘り下げ概念化した作品など、多様な表現が集まった。

公開最終審査会:2015年11月4日18:00~21:00
※予約制 10月5日(月)から受付開始 TEL:03-5568-8818

審査員:
飯沢耕太郎(写真評論家)
菊地敦己(アートディレクター)
鷹野隆大(写真家)
高橋朗(フォト・ギャラリー・インターナショナル ギャラリーディレクター)
百々新(写真家)
 

展示会風景


染井冴香「World Vacuum」
 

Russell Scott Peagler「Roots」
 

光岡幸一「うつりゆく、そこに」
 

佐藤美佳「遠のくあの日に近づくために」
 

浦芝眞史「ゆく、ふれるやいなや」
 

浦部裕紀「あらざるをえざるものら」
 

展示会情報

ガーディアン・ガーデン
http://rcc.recruit.co.jp/

ギャラリー名
ガーディアン・ガーデン
住所
東京都中央区銀座 7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル(リクルートGINZA7ビル)B1F
開館時間
11:00~19:00
日曜休館
アクセス
東京メトロ銀座線銀座駅より徒歩5分