プラチナ・プリント収蔵作品展「永遠の時、きらめく」が清里フォトアートミュージアムで開催される。

本展はすべて清里フォトアートミュージアムの収蔵作品で、プラチナ・プリントを発明したイギリスのウィリスの作品から、現代作品までの約130点が展示される。

保存性の高さで群を抜くプラチナプリント。近年、多くの著名な写真家が、過去に発表した代表作を、あらためてプラチナ・プリントに焼き直して発表するということが行なわれている。

タイトル「永遠の時、きらめく」は、プラチナ・プリントの特徴である保存性の高さと、ルーペで表面を見たときに、実際に見える煌めきを表現している。

主な出品作家■(ABC順)
マヌエル・アルバレス・ブラボ / アルヴィン・ラングドン・コバーン / ロイス・コナー / エドワード・S.カーティス / ロベール・ドマシー / ピーター・ヘンリー・エマーソン / フレデリック・H.エヴァンズ / ルイス・ゴンサレス・パルマ / 原 直久 / 細江英公 / 井津建郎 / ガートルード・S. ケーゼビア / ティナ・モドッティ / アーヴィング・ペン / エドワード・スタイケン / アルフレッド・スティーグリッツ / ジェリー・N.ユルズマン / エドワード・ウエストン / クラレンス・H.ホワイト

プラチナ・プリント・ワークショップ
日時:11月7日・8日
講師:細江賢治(写真家)
参加費:30,000円(入館料を含む)友の会・会員は27,000円
定員:8名(要予約)
 

展示会風景


ジェリー・N. ユルズマン《無題》1991年 ⒸJerry N. Uelsmann
 

ルース・バーンハード《砂丘》1967年 ⒸRuth Bernhard
 

ルイス・ゴンサレス・パルマ《無題》1988年 ⒸLuis González Palma
 

アルヴィン・ラングドン・コバーン
《マリウス・デ・ザヤスのヴォートグラフ》1912年頃
ⒸAlvin Langdon Coburn

展示会情報

清里フォトアートミュージアム
http://www.kmopa.com

ギャラリー名
清里フォトアートミュージアム
住所
山梨県北杜市高根町清里3545
開館時間
10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
入館料:一般 800円 学生 600円 中・高生 400円 友の会・会員 無料
アクセス
車:中央自動車道須玉I.C.または長坂I.C.より車で約20分
JR:中央本線小淵沢駅にて小海線乗り換え 清里駅下車、車で約10分