蓮井幹生写真展「白景」が、ギャラリーNP原宿で開催される。
この展示は、ナショナル・フォートのギャラリーオープン記念特別企画展・第2弾となる。

霧の向こうに何があるのか。期待、不安...、様々な思いが交錯する中で、先に進もうという意思表示にも思える。
カラー、モノクロ約15点を展示予定。入場無料。

ステートメント
一面を白い霧に覆われた風景は真っ白。しかし、そこにカメラを立ててじっくりと待っていると、時折その隙間から向こうの風景が見えます。
晴れてどこまでも透明な風景や抜けるような景色、輝く光と影。そんな場面に出会えばもちろんカメラを取り出したくなります。しかし、そこには何か違和感を感じてしまうのも正直な気持ちです。
ぼくは、いつも考えています。なぜその風景を写真に残したいのか。
そこにはいろんな語り尽くせない理由がありますが、一番わかりやすい言い方をすれば、気持ちの転写です。
「白景」に託した気持ちは、白くてなんにも見えない世界だが、その向こうには素晴らしい世界が確実にあるということなんです。
人には「絶対」という言葉はありません。未来のことはわからない。過去を遡れば今の現実にも不安を覚え、この先どこへ向かえばいいのかと迷う事ばかりで、ちょっとでも気を弱くすれば立ち止まってしまいそうになります。
それはまさに霧の中にいて道の先に不安を覚えているようなことなんです。
でも、時々見える霧の隙間からの風景は美しい。なぜならその先には必ず素晴らしい風景が隠れているからです。今は見えないだけです。霧は必ず晴れます。
そんな最近のぼくの気持ちを転写したのが今回の作品です。
ぼくの作品の大きなテーマである循環。人の魂も自然も全ては繰り返しと循環です。どこまでそこに正直に向き合い受け入れることができるのか。
詠む写真、ピースランド、光模様、そして白景。新しいシリーズです。ぜひご覧いただきたいと思います。
 

展示会風景

展示会情報

ギャラリーNP原宿
http://www.nationalphoto.co.jp/gallery/index002.htm

ギャラリー名
ギャラリーNP原宿
住所
東京都渋谷区神宮前6-13-11 NPビル3F
開館時間
10:00~18:00 土曜10:00~17:00
日祝休
アクセス
JR原宿駅 徒歩5分
東京メトロ 明治神宮前駅 徒歩2分